リフォーム営業偏差値を徹底分析~入社2年目に目標の2倍達成 定時に上がる業務の効率化

あなたはいくつ?リフォーム営業偏差値

売上金額だけがリフォーム営業スキルの全てではない!リフォマガでは独自に偏差値を設定。売上や利益率、成約率、勤務時間などから分析することで、強みや課題を洗い出せる。有力店のリフォーム営業たちから、水準をあげる秘訣を聞いた。



強みと課題がわかる!
リフォーム営業のための6つの指標


入社2年目に目標の2倍達成
定時に上がる業務の効率化

アートリフォーム(本社・大阪府吹田市)南大阪支店 支店長代理 酒田光弘さん 



担当者に会えるまで諦めない
長引く商談はお昼前がポイント

酒田さんは不動産会社からの受注がメイン。流通前物件や入居前物件のリフォームを請ける。消費者と現場へ行き、リフォームをした場合のアドバイスをすることも。

初年度、酒田さんは担当者全員に会えるまで、毎週あちこちの不動産会社へ通い続けた。そこで、他社のリフォームでのクレーム処理や雑工事などを自ら買って出て、信頼を勝ち取った。こうした地道な開拓営業が実を結び、2年目には年間目標6500万円のところ、1億2600万円を売り上げた。

定時きっかりには仕事を終えるのがポリシー。分単位で予定を立て、滞在時間や交通状況の管理も徹底。現場にはほぼ毎日顔を出すものの、滞在時間は5分程度。必要以上の長居はしないが、職人との挨拶、現状把握を欠かさないことで、トラブルを未然に防ぐ。

現場や商談は午前、午後はデスクワークが理想。長引きそうな商談はお昼前にすることで、自然と先方も12時までに終わろうという意識になる。休日も先に決めれば、取り損ねることもなく、ここまでにやろう、とメリハリがつく。



自分<支店で後進フォロー

支店長代理となった現在は、個人売上よりも支店の売上管理、後進育成に注力。個人の目標は3000万に抑えつつ、若手営業のフォローにまわる。現場調査から見積もり、現場管理と同行する。



お話をうかがったのは…

アートリフォーム(本社・大阪府吹田市)南大阪支店 支店長代理 酒田光弘さん 

他業界の営業職を経て、実家の工務店を手伝うことに。解体作業や現場管理、営業など独学で知識をつけた。現場に幅広く携わるなかで、アートリフォームを知り、別の環境に挑戦したいと2017年に中途入社。



リフォマガ2022年8月号掲載



⇓⇓同じテーマの記事を読む⇓⇓

年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000