私の推し建材~タニタハウジングウェア『HACO』、長江陶業『タイル全般』~

「あなたのお気に入りの設備建材を教えてください!」

営業マン、プランナーのみなさんが、日々の提案で愛用しているお気に入りの商品=推し建材の魅力・セールスポイントを探る。推しポイントから、お客様とのエピソード、なるほど!という提案ノウハウまで。商品のPRポイントをおさえて、提案レベルをアップさせよう!



タニタハウジングウェア『HACO』

建物全体のバランスを考え、建築家の意見から生まれた箱型のシンプルなガルバリウム雨とい。住宅用のH6号は黒、シルバーなどの全5色。


雨といまでもスタイリッシュに

提案数自体は多くないものの、他にはないデザインで軒先廻りまでコーディネートできるため重宝しているのがHACOだ。一般的な丸みのあるフォルムと大きく異なり、シンプルな箱型。そもそも、雨といだけのリフォームはほぼなく、外壁や屋根と併せて行うことが多い。だからこそ、いかに外観に合わせられるかが焦点なのだという。

一昨年に手掛けたこの物件は、隣接した建物がなく、どこからも見えるためすっきりとさせたかった。さらに枯葉が飛んできやすい立地で、詰まりを防ぐために大きめのといにする必要があった。

「景観の邪魔をしないよう、壁の中に半分といを埋め込む特殊な収まりを設計しました。シャープな形状ですっきりとまとまりました」

といの下には板金の水切りを、内部にも防水シートで漏水の対策も十分。素材がガルバリウム鋼板なので耐久性に優れ、ガルバリウム屋根材との相性がよいことも選ぶ理由だ。

▲正面から見ても雨といが気にならない

▲スクエアフォルムですっきり


推薦人はこの方

▲高井工務店(大阪府大阪市)高井優一さん



長江陶業『タイル全般』

ネオローマは屋外用のグリップタイプ、屋内用のノングリップタイプと使い分けられる2種。テラコッタ調からモノトーンまで、幅広いデザインが選べる。


滑りにくさを検証して提案

主森さんが屋外用で特に気に入っているのはネオローマ。均一的ではない色味と、滑りにくさがベストだと話す。主森さんは滑りにくさを必ず自分で検証する。

「サンプルを取り寄せたら色を見て、それからすべて濡らし、ヒールで踏んで滑らないか試します。ここで滑ると不合格、提案には持っていきません」

室内用ではモザイクタイルのデザインも形も色味も、すべてが主森さんの心を掴む。

「キッチンパネルじゃなくて、タイルを貼ってと、本当は全てのお施主様に言いたいくらいです(笑)」

ヒアリングに時間をかけ、好みを引き出してから進めていくため、提案したものに対して不満を持たれることはほぼないという。施主の好みを把握したうえで自信を持って勧めるからこそユーザーの満足度につながる。

▲鮮やかなタイルが空間を明るく演出


推薦人はこの方

▲ミオ・デザイン(兵庫県神戸市)主森直美さん



リフォマガ2021年1月号掲載



⇓⇓同じテーマの記事を読む⇓⇓

年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌です。 リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報を発信します。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000