5大メーカーシステムバス清掃性 徹底調査~壁パネル周辺~

汚れやすい場所別に各社の取り組みを紹介します

5大メーカーシステムバス清掃性 徹底調査

いつの間にか発生するお風呂のカビや汚れに毎年頭を悩ませている方も多いのでは?リフォマガでは、システムバスメーカーの清掃性に対する取り組みを汚れやすい場所別に調査しました。清潔な空間はリラックスにも繋がります。新型コロナウィルス感染拡大防止の影響で、日々の暮らしに閉塞感がある今だからこそ、リラックスできる空間作りをお客様に提案できるよう準備をしてみては?



壁パネル周辺

《TOTO》

HQパネル
継ぎ目は目地なし

壁面には汚れもカビも付着しにくいHQパネルを採用。汚れても落としやすく、手間なくきれいにできる。壁同士の継ぎ目は目地なしのTOTOの独自構造。嫌なカビも付きにくく、いつでも清潔。また、さびにくい積層(水が侵入しにくい設置)構造を採用しているので、美しさを保つことができる。

▲浴槽のリムの上に壁パネルを設置する構造を採用しているので、浴槽の裏側に水が入りにくくなった



《クリナップ》

クリンパッキン
カビに強いクリンパッキン

いったんカビの根が入り込むとお手入れが大変な目地。クリナップは、従来の目地材と比べて、カビの根(菌糸)が入り込みにくい硬質な樹脂製の素材で出来ているパッキンを浴室全体に採用した。壁と壁の間の汚れがつきにくく、カビを防げる効果もあり、もしカビが生えてしまっても掃除がしやすい。見た目にもすっきりで、きれいな浴室空間を保つことができる。

▲カビの根が入り込みにくい素材でできているパッキンを、浴室全体に採用した



《タカラスタンダード》

ホーロークリーン浴室パネル
カビを寄せつけずマグネットがくっつくホーロー

ホーローは、湿気に強く、カビを寄せつけないので、色あせや変色、柄の剥がれ等の心配がない。だから、汚れを気にせず、真っ白のパネル等も選ぶことができる。普段のお手入れは入浴後にサッとシャワーで流すだけでいいが、表面が非常に硬いので、たわし等でこすっても傷がつきにくい。また、マグネットがくっつくから、シャンプーや掃除道具も、壁にペタッと収納。フックやタオルハンガーに掛けて収納できるので、水切れも良く、清潔。

▲普段のお手入れは入浴後にサッとシャワーで流すだけ。皮脂汚れに見立てた油性ペンも、水拭きで綺麗に。表面が非常に硬いので、たわし等でこすっても傷がつきにくい

▲使う人の高さに合わせてマグネット収納を取り付けられるので、子どもやペットの高さに合わせてシャワーの位置を調節できる

▲床にモノを置かないで済むので、お掃除も楽に。風呂イスや洗面器等を動かしたりする手間を省くことができる



リフォマガ2020年6月号掲載



⇓⇓同じテーマの記事を読む⇓⇓

年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌です。 リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報を発信します。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000