【設備・建材基礎知識】便利で経済的な使い方を 浴室暖房乾燥機

ライフスタイルに合った機能を選ぼう

基本機能は、換気機能に加えて暖房機能、乾燥機能、涼風機能なども

冬場のヒートショック対策として、また花粉症の季節の洗濯物乾燥としてすっかり普及した浴室暖房乾燥機。

換気機能、暖房機能、乾燥機能、涼風機能が標準的についているものが多い。

30年余りの歴史を持つ浴室暖房乾燥機はここ数年のうちにさまざまなニーズに応える機能が充実してきている。

そこでライフスタイルに合った商品選びをするために、話題の機能をチェック!

リフォームにおすすめの浴室暖房乾燥機の機能や特徴をまとめてみよう。

【熱源による分類】

電気式 ガス温水式

【取付方法による分類】

・天井付け ・天井埋め込み ・壁付け

【機能】

換気機能   カビの発生を抑える効果がある

衣類乾燥機能 花粉症対策にもなる。部屋干しのように臭いが気になることもない

暖房機能   予備暖房として使われることが多い。ヒートショック対策になる

涼風機能   夏場などに涼しい風を送る機能。のぼせの予防にもなる

24 時間換気 気密性が高い住居の、空気の入れ替えができる機能。汚れた空気は浴室換気乾燥機から排出する

ミストサウナ お湯を霧状にして放出するサウナ。低温でも効果がある

風乾燥    送風と短時間の温風により、ゆっくりと衣類を乾燥させることで、節電効果がある


【知っ得豆知識】 1室・2室・3室換気

換気には1室2室3室換気があるので気をつけよう。

風呂だけ換気しているのが1室換気タイプ。

風呂とトイレ、または風呂と洗面所など、2つの部屋を換気しているのが2室換気タイプ。

風呂とトイレと洗面所の、3室の換気を同時にしているのが3室換気タイプ。

見分け方は、トイレの換気を作動させて、浴室や洗面所も換気も作動するかでわかる。マンションは3室換気が多い。

商品の発注ミスがないように要チェック!


【浴室換気暖房乾燥機提案のポイント】

◆「天井埋め込みタイプ」には、浴室一室のみのタイプの他、2室換気もしくは3室換気タイプ、また24時間換気タイプがあり、取り付け可能な機種か確認が必要。また天井裏にスペースがあるか、点検口の設置が必要なのか等を確認して提案を

◆一般的にランドリーパイプは別売。一緒に手配しないと忘れるので気をつけよう

◆洗濯物の乾燥の方法を選択できる機種が増えた。ライフスタイルに合った乾燥方法を選ぼう


ニーズにこたえ、進化する浴室暖房乾燥機 ※※設置条件を満たしているか事前確認が必要


・壁際の衣類も乾きやすく

サイドブロー機能

サイドからの吹き出し口から出る風で、循環させて衣類を効率よく乾燥。壁寄りに吊るした衣類も早くしっかり

乾かすことができる。また温風+サイドブローで風乾燥や静音乾燥に切り替えられ、節電効果が大きい。


・輻射熱で熱の立ち上がりが早い

グラファイトヒーター搭載

発熱部に使用されている「グラファイトヒーター」は電気ストーブに使われているヒーターと同じふく射式(熱を放出して暖める)のヒーターだ。その大きな特徴は以下の点だ。

①遠赤外線の放出量が多く、からだの芯まで暖まる。

②速乾性が高く、スイッチを入れるとすぐに暖かくなる。という点だ。


・再熱除湿で多くの洗濯物を素早く乾かす

ヒートポンプ式

再熱除湿とは、衣類乾燥後の湿った空気を冷やして、空気中の水分を取り出した後、冷やされた空気を再度温める乾燥方式。常に乾燥した温風で衣類が乾燥できるという。衣類乾燥では洗濯6㎏の乾燥にかかる時間は約150分で、電気ヒーター式の約半分。

また予備暖房も衣類乾燥もともに大幅な省エネ効果がある。


・浴室が寒い時は湯はりと同時に予備暖房

ガス給湯器と連動する新機能


ガスふろ給湯器の湯はり運転と連動し、浴室の温度に応じて自動で浴室暖房運転を開始する機能を搭載した電気式浴室乾燥暖房機だ。湯はりにあわせて寒い浴室を入浴前に暖めておくことができ、入浴中事故の要因の1

つであるヒートショックの予防に効果が期待される。


・温水式ならではの「打たせ湯」

打たせ湯機能

湯のしずくが連続して身体へ当たることで、マッサージ効果がある。また血行促進による温熱効果で疲労回復が期待できる温水式ならではの機能だ。


・床面にも届くスポット暖房

オートルーバー機能

オートルーバーで温風を 床面に集中させて送風。床面に届きやすく、足元がより暖かくなる。またくまなく浴室内に温風が行くので予備暖房・衣類乾燥能力もアップする。


【プロの視点 天井埋め込みの開口の穴が合わない時は】

天井埋め込み式の「浴室暖房乾燥機」を交換する時は、同じメーカーの後継機種を選ばないと開口寸法が合わないなどの支障があると考えられがちだが、交換機種を選ばずマルチ対応できるものもある。浴室の天井開口の隙間をふさぐアダプタがオプションにあると綺麗に収まる。開口寸法が合わないために希望の商品をあきらめるなどということがないようにしたい。

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000