価格より内容で勝負。見積もり5大法則vol6 家族が揃う場で提出

家族が揃う場で提出している

見積もりはなるべく家族や夫婦が揃った場で提出しよう。

「旦那に聞いてみないと」を避ける

奥さんだけに見積書を出すと、「旦那に聞いてみないと」と逃げられてしまうことが多い。契約のタイミングが後へ後へとずれ込まないよう、家族が揃った場での見積もり提出を心掛けたい。
「初回訪問でのヒアリングの段階から、〝旦那さんのお休みっていつですか?〟〝いつならいらっしゃいますか〟と雑談の中からご主人様が在宅の時間帯を聞いておくようにしています」(郡山塗装 石橋さん)またメールや郵送で見積書を送る際も、後日じっくりと説明する機会を設けよう。


見積もりを出すタイミングはご家族が揃っている日程を確認し、二度手間を防ごう。このような事もスピーディーな契約につながるのだろう。



おすすめ記事

見積もり① 分かりやすい見積書の5大ポイント

見積もり② 親切で分かりやすい見積書の説明方法

見積もり③ 見積書を出して「高い!」と言われてしまったら

見積もり④ 見積書の作成を時短化する

見積もり⑤ 見積書のミスを防ぐには?

見積もり⑥ 見積りの作り方が分からない時は(1)

見積もり⑦ 見積りの作り方が分からない時は (2)


もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000