外装リフォームを成功させる!営業資料&ツール大研究 施工中-2

3~4社に及ぶ相見積もりによって低下する成約率、さらに契約後も工事中のトラブルや施主対応など、外装リフォームは課題が山積だ。今回は、外装リフォームで活躍するリフォーム店や塗装店たちが、これらの問題を改善するために活用し効果を発揮している営業資料やツールを大公開。



PART4-1 施工中

成功の鍵を握るのは、施主が最も長く接する職人だ。管理方法や情報共有の方法を紹介。



〝言った言わない〟は複写用紙で解決

工事中の細かな注意点事前にすり合わせ

成田塗装(大阪府寝屋川市)では、複写式の打ち合わせシートを活用する事で後々の「言った・言わない」問題を防ぐ。ありとあらゆる細かい情報を書き込み、トラブルに備える。例えば工事前のエアコン撤去や、植木の注意、カーポート脱着などは、後になって「やってくれると思った」と言われがち。事前に内容を確認しサインをもらう。

▲用紙は写真撮影し、アステックペイントジャパンが提供する現場管理アプリ『現場ポケット』にアップロード。地図や図面といった情報と共に職人達と共有する。



施主が大切にしている事を職人にも知らせる

用紙は注意事項の欄がポイントだ。工事に関わる事や商談時に知り得た情報も細かく記載する。

「猫を飼われているお宅であれば、〝猫ちゃんが逃げないように注意〟〝チューリップの球根が植えてあるので踏まないように注意〟といった事項を記載する事も。お客様が大切にされている事や物を職人達としっかりと共有します」(大倉達也代表)



カラー提案にこだわりオリジナルのイラストも

〝ご近所さんが嫉妬する〟が塗装提案のポリシー

色選びやデザインにこだわりを持つ大倉代表のポリシーは、「ご近所さんから嫉妬される外観に仕上げる事」。

施主の好きな色や家族構成から、オススメの色を見つけるなど積極的に提案している。また大倉さんはイラストの腕前を持つ。壁に好きな絵を描くサービスが密かに人気だ。色選びにイラストプレゼントと、オリジナルの外装提案に力を入れている。

▲イラストは動物が人気。床屋さんの外壁にキャラクターのイラストを描いた事も。基本的に絵は無償でプレゼントしている。

▲下書きをしているところ。

▲玄関や扉横に描く事が多い。



公開して頂いたのは…

成田塗装(大阪府寝屋川市)大倉達也代表

平成4年に創業。年間130~140棟の塗り替え実績があり、売上は2億8000万円ほどを手掛ける。16名ほどの職人がいて、その半数が自社職人。大倉社長自身が目が行き届く範囲で施工するため高い工事品質と、施主の好みに合わせた色提案を強みに持つ。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000