システム収納を組み合わせてつくるテレビボード

システム収納を活用したテレビボードでリビングの印象をアップさせる



テレビボード ポイントはこれ!


◆テレビまわりの収納量を決める

システム収納のテレビボードは、計画的に収納を取り入れられる点が魅力。ロータイプ、ハイタイプ、コーナータイプなどがある。ロータイプは、収納は少ないが部屋を広く見せる。ハイタイプなら壁面を有効に使い大容量の収納を確保できる。コーナータイプは部屋を効率的に使える。


◆地震に強い壁面固定

壁や床に固定する造り付けのシステム収納は地震対策にもなる。壁面への固定だけでなく、ユニット同士もしっかりとネジで固定し倒れにくい構造だ。耐震ラッチ、強化ガラスなど耐震機能がしっかりしたものを選べば、より安心できる。


◆配線を計画的に

テレビまわりの電気配線をすっきりと納められるのもテレビボードのメリット。ビデオ、ゲーム機、オーディオ機器などのコードを隠して収納できる。必要に応じて棚にコンセントを配置したり、携帯電話などの充電コーナーを作ると便利だ。


●テレビは視線を下に向ける高さが観やすい

テレビを観るスタイルにあわせて、テレビを配置する高さを決めるとよい。

▲ソファに座って観るならテレビの位置は少し高めに

▲床に座って観るケースでは低い台を選ぶ

写真提供/大建工業



●テレビまわりにあると便利なものを収納

▲携帯電話などの小物家電の充電コーナー

▲DVDやゲームのソフトなどを収納できる引き出し

写真提供/パナソニック



【提案のひと工夫】

e-life 三和商事(兵庫県豊岡市)プランナー 森本亜希子さん

押し入れがテレビボードに変身

築年数が経ったお宅では、大抵部屋のコーナーにテレビスペースが設けられています。大型のテレビを部屋の中心に置きたくてもスペースに困ることもありますが、腰窓を外して造作のテレビボードを設置してもよいと思います。両サイドにスリット窓を入れるとすっきりとまとまる上、収納も充実します。視点を変えると他にもテレビボードを置く場所があるものです。写真は、押し入れを改造したものです。押入れの一間の幅は、テレビボードを設置するにはちょうど良いスペースです。


《ビフォー》


《アフター》

▲押入れを取り払ってテレビボードにリフォーム



美しいテレビボードはリビングの主役に

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ(リフォームセールスマガジン)

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000