『リフォーム営業のひろば』身近なものは魔法のバランスで出来ている

身近なものは魔法のバランスで出来ている

株式会社I-LIFE(アイライフ) 山梨県甲府市  

重信 裕作代表 (記事作成 三神 勇貴さん)


アイライフでは、この度スタッフ一同名刺を新調しました。今までのアイライフの理念はそのままに、新しい変化も取り入 れながら日々成長していきたいという思いを込めて、デザインも紙も一新しました。実は名刺を刷新するとき、ちょっとサイズを変えてみることも考えました。あえて少し小さくしたり、 形に変化を付けることで、印象に残るようになるそうですが、 加工費をかけてまでの効果はなさそうなので、結局はスタンダードなサイズとなりました。左上部にワンポイントの柄があるのですが、そこは各自が好きな柄を選び、全員違うものとなっており、個性を重視するアイライフの理念が反映されてい ます。


通常名刺のサイズは91㎜×55㎜で、かの有名な「黄金比率」で出来ています。黄金比率とは、1:1.618の比率でデザインするとどなたが見ても素敵に見える、という魔法のバラ ンスのことです。エジプトのピラミッドや、パルテノン神殿や、 凱旋門等、古代から人々を魅了してきた建造物などに多く利用されています。 黄金比率は葛飾北斎の富嶽三十六景などに取り入れられてはおりますが、日本には独自のバランス「白銀比率」〈1:√2 (1:1.41)〉というものがあり、より日本人にしっくりくるとさ れています。


例えばA4やB4などの用紙規格、建築物でも法隆寺やスカイツリー、仏像の顔、はたまたドラえもんやアンパンマン、キティちゃんなどの人気キャラクターにも用いられているようです。(それに対してディズニーキャラなどはやはり黄金比率で出来ていることが多いとのこと。) そして、白銀比率は日本の住宅設計にも用いられ、家中の身近なところ(畳、ふすま、風呂敷等)にも多く見つけることができます。部屋の間取りだと、4畳半や6畳間なども。神社仏閣など、足を踏み入れてなぜか心地良い、と感じる場所は白銀比率が効果的に取れ入れられ、私達はその恩恵で知らず知らずのうちに身も心もスッキリするなんていうこともあるようです。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000