~わたしの工夫~ショールームで実物を確認し、納得がいく商品選びを

アトリエノース(神奈川県鎌倉市)
▲鳥井貴正 代表取締役(左)  鳥井奈穂子 専務取締役(右)

弊社は、必ず施主とショールームで打ち合わせをし、提案した商材の確認を行っています。

1歳の子どもがいるご家族とショールームでバスルームの打ち合わせをした時、提案していたものは鏡の下のカウンターが壁と壁から離れているタイプでした。実物を見た奥様は懐に子供の頭や体がはまるかもしれないと思い、壁から壁までぴったり収まっているタイプへと変更しました。ショールームへ来場するまでは気づかなかったことで、子育て中の人はこのような心配をすることを学びました。

また、体格の大きい旦那様は提案されたトイレの座り心地を確認。小さく感じたため、金額は上がるが大きいものへと変更しました。

ショールームだとカタログだけではわからない実際の感覚を確かめることができますし、代替案はすぐに出せます。2、30年使うものなので、金額が上がっても満足する商品を求める人は非常に多いです。実物を確認しながら打ち合わせを行うと、施主が本当に納得した商品を選ぶことができるのです。



もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000