リフォーム営業マンのための5分で分かる業界TOPICS

【TOPICS1】住宅リフォーム・紛争処理支援センター

第35回住まいのリフォームコンクール エムズ建築設計が国土交通大臣賞受賞

公益財団法人・住宅リフォーム・紛争処理支援センター(東京都千代田区)が主催する「第35回住まいのリフォームコンクール」の審査結果が発表された。

そのうち「住宅リフォーム部門」の大賞にあたる国土交通大臣賞には、「中京・風の舎」(エムズ建築設計事務所)が選ばれた。

今回から、リフォーム前後がともに住宅である作品を募集する「住宅リフォーム部門」と、住宅以外の建物を住宅として再生したものに加え、空き家や住宅をカフェ、コミュニティ施設など住宅以外の用途にコンバージョンした活用事例も募集する「コンバージョン部門」の2部門で募集。

審査の結果、国土交通大臣賞等特別賞6作品をはじめ、入賞28作品を選定した。


【TOPICS2】矢野経済研究所

リフォーム市場、やや回復 0.2%増の1.7兆円

矢野経済研究所(東京都中野区)が9月6日公表した、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査結果によると、2018年第2四半期(4~6月)の住宅リフォーム市場規模は、速報値で1兆6578億円、前年同期比0.2%増えた。2四半期ぶりに前年同期比プラスとなり、住宅リフォーム市場は、昨年末からの需要低迷からやや回復基調にある。

この結果、2018年上半期(1~6月)の住宅リフォーム市場規模は、速報値で2兆8594億円、前年同期比2.8%減となる。さらに、2018年全体の住宅リフォーム市場規模は、6.2~6.5兆円を見込む。これは秋口以降、消費税増税を見込んだリフォーム需要(駆け込み需要)が活発化することが期待されるため。


【TOPICS3】ウッドワン

スマホで建材シュミレーション 新サイトで簡単に室内コーデ

ウッドワン(広島県廿日市市)は、このほど内装ドアやレバーハンドル、フローリングなどの建材を簡単に確認できるツール「かんたん!建材シュミレーション」を新たに公開した。

「かんたん!建材シュミレーション」は、手持ちのタブレット端末やスマートフォンで利用できるサイト。同社が販売するシングルドア、レバーハンドル、フローリング(無垢フローリング・銘木フローリング・スタンダードフローリング)、巾木の全製品からそれぞれ選択。シリーズやデザイン、色等を自由に選んで組み合わせる。

手軽に室内のコーディネイトを確かめられ、完成画像も保存できる。


【TOPICS4】トーヨーキッチンスタイル

テーブルが選べるキッチン取り外し可能な3タイプ発売

トーヨーキッチンスタイル(愛知県名古屋市)は9月、3タイプのテーブルを自由に付けられるキッチン「iNO PLUG-IN(イノ・プラグイン)を発売した。取り外し可能で、ライフスタイルに応じて選べる。 

基本価格は、水栓、加熱機器、レンジフード、施工費別途で77万円(税別)からで、キッチンの色はグレー、ブラック、ホワイトの3色がある。

今回、キッチンをクッキングエレメントと、サービングエレメントとに分けた。クッキングエレメントは洗い物や具材の調理、鍋などを温めるコンロスペースで、同社の特徴である3Dシンクを採用。

一方サービングエレメントは、テーブル、Lテーブル、ユニットタイプの3タイプに分かれている。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000