【設備・建材基礎知識】油汚れ対策で手入れが楽になった レンジフード

お手入れが楽になった最新のレンジフード。フィルターやファンの掃除から解放される

ファンに油汚れを付けない工夫でファン掃除10年不要の機種も

レンジフードの掃除は重労働。特に、フィルターは、汚れたままにしておくと、べたべたになり、吸引力が落ちてしまう。最も汚れやすく、頻繁に掃除が必要だ。

近年では、問題のフィルターをなくしたノンフィルターフードが普及している。油煙捕集に様々な工夫がある製品が登場しているので注目だ。

フィルターがないタイプは整流板により、空気の流れをパワフルな吸い込む力に変えている。面倒なフィルター掃除から解放されるので喜ばれる。

ファンやディスクの回転する力で油汚れを吹き飛ばし、ファン自体に油汚れがつきにくくなった製品もある。10年間ファン掃除が不要なものも登場している。

ただし、最新機能を備えたレンジフードでも、掃除が不要なわけではない。汚れる部分は日々の手入れが必要になる。その点は、顧客にも理解してもらおう。そして、手入れしやすい形状か、汚れは落ちやすい素材か、など、レンジフードを清掃性で選ぶ場合のポイントをしっかり押さえて商品をお勧めできるとよいだろう。

【提案時の注意点】

必要換気量や納期の確認もしっかりと

キッチンリフォームは、洗練されたレンジフードに変更することで、空間のイメージを大きく変えることができますが、室内空間の広さや火力を考慮せずに商品を安易に変更すると、完成後の空間に問題が生じます。

そのため、その空間の特性を現地調査にて把握し、設計図書を確認し、必要換気量のチェックを行うことを最優先としています。熱源からレンジフードまでの設置高さも消防法などで定められていますから、その空間に適したスペックの商品の中からご提案するよう心がけています。

分譲マンションで同時給排気機能だったりすると、メーカーに特注加工を依頼することになりますから、納期も意識してご提案するようにしています。


【レンジフードの清掃性 ポイント】

◆ノンフィルタータイプが主流

◆パーツが取り外しやすいから掃除がラク

◆拭き掃除がラクにできる形状

◆汚れをラクに落としやすい素材

◆ファン掃除が10年不要のタイプも


【掃除がラクなレンジフード_最新機種いろいろ】

【プロの視点】レンジフードの高さに気を付けよう

レンジフードの交換時に気を付けたいのが設置後のフードの高さ。フラットな形状のスリム型のレンジフードは、ブーツ型に比べて、前にせり出しているデザインが多い。いままでと同じ高さに取り付けても、低くなったと感じる。背が高い人には邪魔になってしまう場合があるので注意が必要だ。

置後のフードの位置がどれくらいになるか、特に高さとフードの先端の位置を確認しておくとよい。打ち合わせでの確認事項に、仕上がりの高さのチェックを入れておこう。


もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000