勝手に比較!住宅の設備・建材まとめてみました!~日よけ編

夏の日差しを窓の外でカット

室内を冷房で冷やしても、窓に直射日光が当たると室温がグングン上昇する夏場。夏の強い日差しは、窓の外でカットするのが有効だ。



日差しを遮ることで熱中症対策や節電効果に期待

夏場に室内が暑くなるのは、屋根や外壁、窓から熱が入り込むからだ。なかでも窓などの開口部から入り込む熱の割合は7割を超える。室温の上昇を抑えるには、窓に直接日光を当てないことが大切だ。

単板ガラス(1枚ガラス)に直接日光が当たると、熱のほとんどが室内に入ってしまう。しかし、窓に外にシェードを付ければ、日射侵入率*は最大1割程度にまで抑えられる。日よけを取り付けることで、冷房費にかかる電気代も節約できる。紫外線もカットするので、床や家具の日焼け防止や熱中症対策にも有効だ。

日よけにはシェードやオーニング、ひさしなどさまざまなアイテムがある。雨よけや目隠しの機能が必要かは、設置する方角などに応じて選ぼう。日よけを使用しない季節や強風時には、すっきりと収納できるとより便利だ。オーニングには風力・陽光センサー付きや電動で開閉できるものもある。

*日射侵入率:ガラス窓に入射した日射熱が室内へ流入する割合



日よけのポイント

  • 外から取り込む熱の7割は窓から
  • 日差しの熱を最大9割カット
  • 冷房費の節約、熱中症対策に効果的
  • 床や家具の日焼けを抑制できる
  • 使い勝手に合わせて、アイテムや機能を選べる



【知っておこう!】遮熱効果のある日よけで快適に

日よけを設置することで窓から入り込む日差しの熱(日射熱)を効果的に遮り、紫外線も大幅にカット。室温の上昇も抑えることができる。


「アウターシェード」(YKK AP)を設置した場合の効果

1. 日射熱カット率

2. 熱照射比較

画像提供/ YKK AP



日よけアイテムいろいろ

《シェード》使うときだけ引き下ろせる

■アウターシェード(壁付け納まり)(YKK AP)

日差しを6~8割以上カット。掃除しやすく色落ちしにくい機能性素材を使用。

スタイルシェード(テラス桁付デッキ固定タイプ)(LIXIL)

住まいにマッチするデザインが豊富。遮視性のタイプが選べる。


《オーニング》電動式で自動で開閉・収納できる

カフェリオ(三協アルミ)

日差しや敷地の条件に合わせて、左右のアームの角度を調整できる。

彩風(LIXIL)

業界トップクラスの耐雨・耐風強度(風速20m/秒まで対応)


《ひさし》夏の高い日差しを遮り、出し入れの手間要らず

コンバイザー モダンスタイル(YKK AP)

後付け可能。ひさし付け金具でアウターシェードを取り付けられる。

ひさし HK型(壁付用)(三協アルミ)

後付け可能。引き違い窓タイプと勝手口ドアタイプがある。


《ルーバー》日差しを遮りながら、光や風を取り込める

目隠し可動ルーバー エコ面格子Ⅱ(三協アルミ)

窓の外側に後付けできる。ルーバーの角度は調整可能。

取り替え用採風雨戸パネル エアフリー(三協アルミ)

スラットの角度を上部と下部で別々に調整できる。


《ポール》すだれやよしずを掛けたり、緑のカーテンにも

グリーンバー(YKK AP)

窓の上に取り付けるアルミ製のバー。吊り下げ用のフックは、スライドさせて任意の位置で固定。


《テラス屋根》カーテンや屋根で日差しをしっかりカット

サザンテラスパーゴラタイプ(YKK AP)

木調のテラス屋根。オプションで天井カーテンを取り付け可能。

テラスSC(LIXIL)

屋根にアルミ材を採用。外壁を傷つけない独立構造。



リフォマガ2024年1月号掲載

年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌です。 リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報を発信します。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000