お客様を振り向かせる営業トークvol7 みんなのクロージングトーク(前編)

こんな時どうする!?
顧客の背中をひと押しするフレーズを紹介する。

ケース別トーク事例 クロージング編①


トーク事例① 
皆さんもっと早くすれば良かったとよく言われます。

営業トークの前提として、会う度に前に進むかのミニ決断をするのが大切だと思います。竹のように節のあるトークですね。節がないと塩ビのようにずるずると行ってしまいます。



トーク事例② 
契約を無理強いするつもりは全くございません。ただ、〇〇様にご満足頂けるよう精一杯させていただきます。是非私にお任せください!

ここに至るまでに信頼関係を築くことが出来ていればお任せ頂けるかと思いますが、それがなければただのキレイ事。お任せ頂けないと思います(笑)



トーク事例③ 
迷われる気持ちも良く分かります。弊社としてはお施主様に必要な工事のプランをご提案させて頂きましたので、今一度ご家族とご相談ください。プランの変更など何度も行いますので、遠慮せずに言ってください。お施主様にとってやって良かったと思える工事をするため弊社でも全力で対応させて頂きます。



トーク事例④ 
〇〇のリフォーム工事をする事によりお客様にとってこんなにメリットがあると思います。逆を言えば工事を行わないで、今の悩みを抱えたまま生活していくメリットが見つかりません。

今回のリフォームをする事によるメリットと将来の生活をイメージして頂きます。



トーク事例⑤ 
ウチでやりましょう!

こんな風に言える関係を作れているかがポイントだと思います。



トーク事例⑥ 
リフォームはお客様の思いをカタチにすることです。想像してみてください。きっと楽しい光景が映っているのでは。私共はお手伝いするだけで、主役はお客様です。日々の暮らしが楽しく、快適に過ごせたらきっと幸せな気持ちになりますよ。



トーク事例⑦ 
お客様と二人三脚で悩み、考えて進めてきた工事内容は、お客様のタイミングで決めて頂ければと思います。しっくり来ない時は何らかの原因があるはずなので、しっかり迷われてから先に進みましょう。

何がひっかかっているのか、お客様の口から出るように、そもそもなぜ工事がしたくて、どのようなプランや商材を選んできたのかを振り返るような会話を心掛けます。あまりこちらから喋りすぎず、沈黙の時間を持つとお客様から「お願いします」と言って頂ける事が多いです。


顧客の背中をひと押しするということは、自社を信頼していただくこと。安心して決めていただくためにも、自信を持ったフレーズでお客様の心をつかもう。



おすすめ記事

お客様を振り向かせる営業トークvol1 値引き交渉されたら 前編

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.1

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.2

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.3

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000