営業マン お悩み相談教室vol10 モチベーションアップの方法

「リフォーム営業としてやっていく」そうは決めたものの、厳しい営業の世界。学ばなければならないことも多く、壁にぶち当たる営業マンも多いことだろう。
本コーナー『リフォーム営業あるあるお悩み相談室』では、リフォーム営業の世界で活躍しているリフォーム営業マンやプランナーからアンケートを募り、彼らが実践している仕事の工夫や知恵を掲載していく。ぜひ参考にし、これからの営業マンライフに役立ててもらいたい。



数字にプレッシャー!モチベーションアップの方法を教えて

ノルマをこなさなきゃと焦ることなく、モチベーションを維持するにはどうしたらよいのだろうか?


営業マンのアドバイス①

適度なストレスはあり続けた方がいいと考えています。 当社の役員は、「数字ではなくお客様の幸せを追いかけましょう」と言っています。数字は結果であり、なぜ売上つまり対価を頂けるのかというと、誰かの役に立っているから。喜んで貰えているから…というのが本質だと思います。そんなことを踏まえると「数字があがらない~」ではなく、「誰も幸せにできていない~」になって、プレッシャーの質が少し変わるのではないでしょうか。休日は会社外の人と会うようにしています。となりの芝は青いですけど、枯れている話もよく聞きますからね。大切なのは他を羨むことではなく、自社のいい所を真剣に探すことではないかと思います。待っていてもあなたのモチベーションアップの為に躍起になってくれる人など現れません。自身が幸せを感じる「事柄」を探して、そのための投資はどんどんすべきだと思います。


営業マンのアドバイス②

課せられた数字をどう捉えるか?だと思います。 数字=ノルマ と思ってしまうとプレッシャーですが、私は、その月にお客様にどれだけ評価してもらえたかどうかのバロメーターって思うようにしています。


営業マンのアドバイス③

「数字だけ」を追いかけると、自分もひいてはお客様も幸せな結果にはならないので、お客様にはリフォームの啓蒙活動をしていこう、という意識で会話しています。数いる営業の一人ではなく、お客様の相談を受けるコンサルタントとして接していると思いながら接客・提案しています。休日は同じ業界ではないコミュニティに参加したり、アートや自然に触れたり、美味しいものを食べたり飲んだりと、自分の五感を刺激することを積極的に行っています。


営業マンのアドバイス④

私は「ON」「OFF」ははっきりするようにしています。この切替えスイッチが壊れると人間としても壊れる可能性ありますからね。よく「OFF」のスイッチはどうやって入れるのか?と尋ねられます。それは自分の好きなことをするに限ります。何もかも忘れて無我夢中になれること。ただし、仕事中以外が「OFF」という意味ではありません。 最近は自分の好きなこと・興味のあることがない、もしくはわからないなんてよく聞きます。そんなときのアドバイスは、「週に一回は必ず本屋に行こう、そしていろんなブースをくまなく回ろう」です。半年後、きっと何かに目覚めていますよ。


営業マンのアドバイス⑤

“顔は口ほどに物を言う” と誰かが言っていたらしいですが、その通りです。以前、僕は焦ったり息詰まると目がつりあがってきていました。そうなると負の連鎖です。うまくいく事もうまくいかなくなります。だから、今は美味しいものをたくさん食べて、たくさん遊んでいます。ONとOFFの切り替えが大事だと思います。おかげさまで、今は好きなことをしているせいか、目はつりあがっていないようです。


営業マンのアドバイス⑥

仕事へのモチベーションを保つ方法は人それぞれでしょうが、私は「楽しむ」ようにしています。新規のお客様との出会い、普段あまり入れない商品を提案する際に理解しやすい説明はできるかどうか…。いろいろな事を「楽しむ」ことで、正直、仕事を苦しい・つらいと感じた事はありません。休日は趣味の時間を持つようにしています。家族と過ごす時間と趣味の時間を有意義に過ごしているので、リフレッシュ出来ていると感じています。時間があれば、散歩がてら建物の外観をみています。新しい発見が出来たら、仕事にもプラスになるとポジティブに考え、休日明けの仕事に嫌悪感を抱かず平常心でいます。


営業マンのアドバイス⑦

とにかくONとOFFの切り替えが大切。結果、良い仕事の成果に結びつくと考えています。あらゆるストレスとうまく付き合うにはこれが一番でしょうか。


営業マンのアドバイス⑧

営業には、良い時と悪い時が必ずあります。 良い時も悪い時も基本行動を心掛けています。


営業マンのアドバイス⑨

ノルマをこなさなきゃいけない…というよりは、お客様のお困りごとにしっかり応えていく。


営業マンのアドバイス⑩

月初から月末の気持ちで営業して、月末に来月の見込みを作るサイクルを心掛けています。休日などは、ご縁頂けなかったお客様に対してなにが駄目だったかを復習してノートに書き出しています。


営業マンのアドバイス⑪

個人数値のほかにチーム数値を設けているので、チームで目標達成を目指し、脱落していかない環境を作っています。一年の活動をDVDにして期末の懇親会で投影し、会社全体のモチベーションアップをしています。


営業マンのアドバイス⑫

休日は気持ちをOFFにし、家族と愛犬をつれてドライブに行き、自然が多い所で森林浴をします。


ノルマを意識して「数字」として捉えるのではなく、お客様の満足度や評価として数字を捉え、成果を上げていくように心掛けよう。ONとOFFでスイッチを切り替えるのも良さそうだ。



おすすめ記事

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.1

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.2

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.3

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.4

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.5

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.6

【連載】女性の「買いたい」を引き出す魔法の営業トークvol.7

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000