床リフォームの基礎知識⑨ 床現調の注意点(1)和室→フローリングの注意点

床は不具合が生じやすい部位だ。建物の傾き、季節変化の影響、シロアリ被害等の影響を受けやすい。ところが住んでいる人はそうした問題に気が付いていないケースが多いため、『思ったより大げさな工事になった』という印象を持たれることもある。しかし、安全性が求められる床は、問題があれば指摘して、どこまで工事をするかを相談して決めるようにしたい。


和室を床だけフローリングに。
あれ、襖の下が・・・

和室を床だけフローリングにすることが多いが、フローリングの厚みは畳より薄いため、畳の厚みに違いはあるものの数センチ床が下がることになる。リフォームの際、押し入れの襖を交換しなかった場合、敷居が露出するので「一緒に交換すれば良かった」と言われることになりかねない。また掃き出し窓も同じことで、立ち上がりが出来て掃き出しでなくなる。事前にそうした問題を話合っておくようにしたい。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000