壁紙張り替え⑤ 効果的なアクセントクロスの方法

せっかく部屋のアクセントになるような壁紙を選んだのに、色・柄選びで失敗してしまった!そのようなことにならないようにポイントを幾つか紹介しよう。

ぱっと目をひくような色・柄の壁紙で空間を演出するアクセントクロスは、顧客から喜ばれる壁紙提案の1つだ。そこまで費用をかけずに空間をイメージチェンジできるため、顧客の好きな色味や柄で提案してみよう。

ただアクセントクロスの提案には注意ポイントがいくつかある。まずは、しっかりとアクセントになるような色・柄を選ぶこと。意外と多い失敗が、選んだ色が薄く柄が小さかったりしてアクセントにならなかったというもの。一見派手に思われる色・柄の方が仕上がり時にメリハリの効いた空間に。ちょうど良いアクセントクロスの分量の目安は20〜30%程度と言われている。

またアクセントになる壁紙は、部屋に入った時に目につく場所に張るのが定番。置く予定のある家具の位置も考慮しよう。


営業マンの体験談

少し思い切った色や柄を提案

最近はアクセントクロスを使用する事が増えてきましたが、サンプルで見るよりも、実際に張った方が色や柄が薄く見えます。 以前にアクセントクロスのつもりで張ったクロスが、全くアクセントに見えない事がありました…(泣)アクセントクロスの場合は、少し思い切った色や柄をおすすめしています。


アクセントクロスの効果が半減

これまで大きな失敗は特にはないのですが、アクセントクロスをあまり濃い色目にされたくないとのご要望だったので、少し薄めの色で施工したら、アクセントクロスとその他クロスの色の差が大きく出ずアクセントクロスの効果が半減してしまったことがあります。


壁紙クロス材などは、サンプルで見た時の印象よりも、実際に張ったときには面積が大きいため色や柄が薄く感じるようだ。アクセントクロスの場合は少し思い切った色柄を提案したほうが良さそうだ。ちょうど良いアクセントクロスの分量の目安は全体の20〜30%程度と言われている。


おすすめ記事

壁紙張り替え④ 顧客とのイメージの食い違いをなくすには

壁紙張り替え③ 壁紙種類別施工時の注意点

壁紙張替え② 採寸ミス・施工ミスに注意!

壁紙張替え① 下地の凸凹に注意!


もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000