現場の段取り④ 駐車場の手配

工事に集中するためにも駐車場の心配をゼロにしよう。


リフォーム工事で忘れてはならないのが、駐車スペースの確保だ。少しぐらい大丈夫だろうと適当な場所に駐車すれば、近隣住民の通行を妨げ迷惑をかけるだけでなく、自身も作業の手を止めて車を移動しに走らなければならない。外壁塗装など工事の種類によっては

品質にも影響するので大問題だ。また車の駐車位置によっては資材の出し入れに苦労し人工が余計にかかったりする。作業に集中するためにも駐車場の確保を忘れずに行なおう。

土地柄によっては駐車スペースの心配が要らないケースもあるかもしれないが、街中や住宅密集地などは要注意。通学路や人通りが多い場所は事故の危険性もある。コインパーキングや月極めの駐車場を事前準備したり、道路使用許可証をとるなどしたりし、車の出し入れでトラブルを起こさないようにしよう。

また施主によってはリフォームであってもお祓いや地鎮祭を望む場合があるので事前にヒヤリングが必要だ。産業廃棄物や仮住まいの手配も忘れずに。

駐車スペースの確保

近隣の交通状況も確認しよう

車のサイズや台数も想定して

契約後は、車の台数や大きさを想定し、駐車スペースの確保を急ごう。一時的に駐車する際近隣住民に協力は得られそうか、有料駐車場はあるか、月極めの駐車場を借りる場合は管理会社に掛け合い駐車スペースを用意しよう。


産業廃棄物の手配

産業廃棄物の運搬を一般の運送会社に頼むことは不可能。委託した廃棄物処理業者に引き取りの手配をしておく。


仮住まいの手配

数週間に及ぶリフォーム工事では、施主の生活に支障をきたすため仮住まい

を提案し引越しの段取りをしてあげよう。


地鎮祭の準備

お供え物など事前準備が必要

地鎮祭を行なうとなると、清酒やお米などお供え物を施主に用意してもらう必要があるので事前に伝えておこう。また、「遅刻しそうになった神主さんが、追突事故を起こし事故処理のため地鎮祭開始が1時間遅れた。何事も余裕を持って行なうべしと教訓を得た」(経営者・男性)というエピソードも。地鎮祭の段取りも入念に!


駐車スペースの確保は、車の台数や大きさ、出し入れする資材の大きさなども想定して、早めに確保しよう。


おすすめ記事

現場の段取り① スムーズな工程組

現場の段取り② 商品の発注ミスに注意

現場の段取り③ 職人の手配は計画的に



リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000