現場のマナー① 近隣への挨拶文の作り方

近隣への挨拶は、現場担当者が施主と一緒に回るのがベター。

施主だけだと工事の説明が不十分。現場担当者だけが行くと、

営業的な雰囲気を感じて不満に思う人もいるようだ。別々の場合は

先に施主に行ってもらい、「質問や要望があれば後から来る業者に

言っておいてください」とお願いするといい。

挨拶は1週間前までに書面も必ず用意

下記のような内容の挨拶文とタオルや洗剤などの粗品を用意し、

不在の場合はポストに入れられるようにする。

1週間前までに行うのが理想だ。


書面の内容

◎ 工事の内容

◎ 工事の期間(工事の休みの日も)

◎ 工事の時間

◎ 大きな音のする日、ホコリのたつ日

◎ 工事車両を止める旨

◎ ご理解とご協力を賜りたい旨

◎ リフォーム会社の社名、電話番号、  担当者名と携帯番号


工事前に行う近隣の方への挨拶は重要だ。丁寧な挨拶文を作成し

粗品も添えて一週間前までに行おう。



リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000