リフォマガ編集部員の夢とリアル~暮らしを快適にするランドリーアイテム編~

編集部スタッフが、今欲しいランドリーアイテムと、リアルな家庭での洗濯事情をご紹介します。



《編集部ナカノの コレが欲しい!》

除菌しながら速乾できる

日が長くなって、洗濯物がすぐ乾くありがたい気候になってきました。基本的には外干しにしていますが、天気の悪い日が続くと、やむなく室内干しに…。邪魔だし、じめつくし、早く片付けてしまいたい!パナソニックの「衣類乾燥除湿機」は、除菌しながら速乾してくれる優れもの。室内の除湿にも効果があるので、湿度が上がるこれからの季節にぴったりです。コンパクトサイズで場所を取らないのも、排水するだけでOKの手軽さもポイントが高いですね。

商品名:ハイブリッド方式

衣類乾燥除湿機 F-YHUX90

メーカー:パナソニック

価格 :オープン価格

※参考 60,500円(税込/編集部調べ)


わが家のリアルな洗濯事情は…

雨の日や取り込んでからの一時置きには、もっぱらカーテンレールが物干し竿代わりに。よくないとはわかりつつ、ついつい…。



《編集部ヤマモトの コレが欲しい!》

デザイン◎の物干しワイヤー

洗濯物を干す時間をなるべく減らしたいので、基本的には洗濯乾燥機を利用していますが、乾燥機にかけられない衣類もそれなりにあるのが現実。シンプルなデザインが素敵な森田アルミ工業の「pid 4M」は、使いたい時にワイヤーを引き出すだけで簡単に物干しスペースに!最大荷重が10kgあるので、それなりの量の洗濯物が干せるのも魅力です。使わない時にインテリアの邪魔にならないデザインも◎。これなら憂鬱な室内干しも楽しくできそうです。

商品名:pid 4M (ピッドヨンエム)

販売元:森田アルミ工業

価格 :13,200円(税込)


わが家のリアルな洗濯事情は…

リビングと和室の境にある鴨居を利用して洗濯物を並べて干しています。ここを通るたびに、洗濯物が落ちて頭に当たり痛いです。



《編集部イワナミの コレが欲しい!》

電気式の約1/3の乾燥時間

わが家には電気式のドラム型洗濯乾燥機があり、雨が続いてもなんとかなるので、本当に助かっています。あえて不満をあげるならば、乾燥時間の長さでしょうか。手入れはこまめにしているのですが、表示時間(4時間強)以上の乾燥時間になることもしばしばで…。そんな私が気になっているのが、リンナイの「乾太くん」。ガス式ならではのパワフルさで、乾燥時間が電気式の約1/3(5kgの洗濯物なら約52分、8kgの洗濯物でも約80分)。時短に期待大です。

商品名:乾太くん RDT-80(乾燥容量 8.0kg/ガスコード接続タイプ)

メーカー:リンナイ

価格 :173,800円(税込)


わが家のリアルな洗濯事情は…

雨が続く日も、出来るだけ家事をしたくない日も、頼れるわが家のマシーン。本当に助かっています。でも、もう少し早く乾いて…。



《編集部スズキの コレが欲しい!》

リビングにすっきり馴染む物干し台

洗濯物は日に当ててカラッとさせたいけれど、梅雨時や花粉の季節の外干しは難しい。この室内物干し台は、ポーランド発BIERTA社の「クロスドライヤー」です。素材はビーチウッドでアコーディオンのように組まれ、簡単に組み立てられます。インテリア性が高いので、リビングに置いてもすっきりと馴染み、使わないときは小さく折りたためるのも魅力。また、冬の暖房時には加湿を兼ねて活躍しそう。じめじめした気分をおしゃれな物干しで乗り切りたい!

商品名:クロスドライヤー(大)(ビエルタ/BIERTA)

販売元:フリーデザイン

価格 :9,680円(税込)


わが家のリアルな洗濯事情は…

雨の日はバスルームに洗濯物を干します。24時間換気なのでそこそこ乾きますが、一度浴室乾燥機を掛けるか日に当てています。



リフォマガ2021年7月号掲載

年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌です。 リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報を発信します。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000