リフォマガ編集部員の夢とリアル~キッチン編

リフォマガ編集部スタッフのお家事情(実際に使用しているものと欲しいもの)を紹介します。



《編集部のクリキ コレが欲しい!》

水返しが無いワークトップにしたい

キッチンハウスのショールームで見つけた「グラフテクト」。カスタムキッチンでも既成キッチンでもない、キッチンハウスのセカンドラインです。キッチンハウスブランドと同じ素材で作られていながら何と価格が75万円・85万円の2パターン!この価格にしてレイアウトやカラーも豊富。特に高圧メラミンのEVALTワークトップがお気に入り。水返しの立ち上がりが無くスッキリしていて、扉色と同一にできるのも嬉しいです。

Brand:キッチンハウス

Item:GRAFTEKT

Price:750,000円(税抜)〈キッチン部分 吊戸棚はオプション〉


実際に使用しているのは…

ステンレスカウンターの木キャビで、30年ほど使っています。もう限界!



《編集長カワムラの コレが欲しい!》

シンク周辺を有効に使いたい

我が家はシンク廻りが狭いので、調理中が非常に不便です。これから調理する材料、水切り中の野菜など一時置きしたいものが常に迷子。PaPaPaシンクなら、シンク上で食器や野菜を水切り出来たり、ラックを使ってまな板を渡せたりと空間を有効活用出来ます。また目下の目標は、腐らせがちなバナナをミキサーでジュースにする事なのですが、そのためには、PaPaPaシンクと一緒にクッキングコンセントも活用したい所です。

Brand:Panasonic

Item:PaPaPaシンク、クッキングコンセント


実際に使用しているのは…

洗い籠に入り切らない食器が調理スペースを占拠するため、調理する時にまな板がはみ出てしまい、バッタンバッタン…。



《編集部のイワナミ コレが欲しい!》

白を選んでも退色知らず

今使用のものはフラットキッチンだから、リビングが汚れやすくなるんじゃと思っていたけど、そうでもなく使いやすいです。でもご覧の通り、卓上食洗器が不格好で。リフォームするなら、食洗機付きのキッチンが欲しいです。選ぶならタカラスタンダードのホーローキッチン。ホーローなら、手入れがしやすく、白を選んでも経年による退色知らず。更にレミューシリーズならキャビネットのタイプをそれぞれ選べることも魅力。

Brand:タカラスタンダード

Item:レミュー足元スライドタイプ

Price:〔例〕I型 255cm 727,000円(税抜)~


実際に使用しているのは…

意外に使いやすかったフラットキッチンだけど、食洗機を置いているので、妙な圧迫感があります…。



《編集部のムラヤマ コレが欲しい!》

年末の大掃除で再確認

わが家は賃貸なのですが、年末の大掃除の度に「もっと楽にレンジフードのお手入れができたなら…」と毎回悪戦苦闘しています。その点、LIXILの「よごれんフード」は画期的。オイルスマッシャー機構が油の侵入をブロック。面倒だったファンのお掃除がいらないので、普段はカンタン拭き掃除、オイルトレーも油をふき取ってさっと洗うだけ!そして、お手入れもさることながら見た目のスッキリさも魅力的です。

Brand:LIXIL

Item:よごれんフードCLSタイプ

Price:〔例〕CLS-741S(Iシルバー) 176,000円(税抜・取り付け工事費別途)


実際に使用しているのは…

年末年始の度に油汚れに悪戦苦闘しています…。自由に選べる時がきたら、お手入れのしやすいレンジフードにしたい!



リフォマガ2020年3月号掲載



⇓⇓同じテーマの記事を読む⇓⇓

年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000