高い意匠性で人気の自然素材紙壁紙

個性的なデザインが豊富

「紙壁紙」を大きく分類すると、ヨーロッパやアメリカ製の洗練されたデザインの壁紙、日本に古くから伝わる和紙などの壁紙、その他の非木材紙の壁紙の3つに分けることができます。紙壁紙は、通気性、吸音性、調湿性に優れており、また紙独特の意匠性と温かみ、高級感のある材料です。

紙壁紙は欧米でメジャーな壁紙のため、輸入品はデザインが豊富です。個性的で華やかなプリント柄や、立体感のあるエンボス加工を施したものが多く、デザインにこだわりたいというエンドユーザーに人気です。材料は木材などから抽出したパルプを原料にして作った洋紙を使用していますが、素材が薄いため、石膏ボートの凹凸を拾って表に響いてしまうことがあるので注意が必要です。

日本の代表的な和紙の原料は、楮(コウゾ)や三椏(ミツマタ)ですが、最近ではその他の素材として、ケナフや亜麻などを原料とした非木材紙の壁紙が好まれています。



商品選びのポイント

紙の種類や厚みをチェック

紙壁紙には、防火加工ありのタイプと防火加工なしのタイプがあります。部屋の用途に応じて、適したものを選びましょう。水分を吸着しないよう、撥水性をもつタイプもありますので、どんな加工がなされているか確認しておく必要があります。

紙の種類もしっかりチェックしましょう。国内メーカーの紙壁紙は、和紙を使用したものが一般的ですが、卵の殻を表面に付着させたものや、い草を利用したもの漆を和紙に塗布したものなど、さまざまなタイプがあります。



1分間で理解する紙壁紙

チェック1 紙壁紙の特徴


チェック2 紙クロスの種類


トレンド

ビニールクロスでは好みのクロスが見つからないというユーザーに人気なのが輸入紙クロスです。斬新なデザインが多く、また膨大な数のサンプルの中から選ぶことができます。アクセントウォールにも人気です。またパルプを主原料としていますが、ポリエステルを加えて強化しているクロスもあります。フリース(不織布)クロスと呼ばれています。フリースはペイントで10回ほど上塗りできるため張り替えの必要がなく、DIY志向のユーザーにも人気です。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000