キッチンの美しさを演出するキッチンパネル

利用素材増え、デザイン性も向上

キッチンのコンロ廻りの壁面に貼る不燃材料は、従来はタイルが主流でしたが、汚れがタイル目地に詰まりやすい上、施工手間がかかるなどの理由から敬遠されるようになり、代わって掃除がしやすく施工性にも優れた「キッチンパネル」が主流になりました。

キッチンパネルの主な種類には「メラミン不燃化粧板」「化粧ケイ酸カルシウム板(化粧ケイカル板)」「ホーロー」などがありますが、近年マグネットが付く「化粧鋼板複合版」の人気が高まっています。例えばマグネットでメモを貼ったり収納グッズを取り付けたりできるという便利なパネルです。「ホーロー」もマグネットをつけることができますが、「化粧鋼板複合版」は現場カットが容易にできる点など施工性の良さも評価されています。

デザイン性も向上していて、特に「メラミン不燃化粧板」の色柄の種類は豊富です。「化粧ケイカル板」は基材のケイカル板にアクリルウレタンなどの塗装を施していて、色は単調ながらも滑らかな光を放つ塗装ならではの味があります。「ホーロー」は鋼板の上にガラス質の釉薬を焼き付けたパネルで、無地の他にモザイク柄や大理石調の柄もあります。



商品選びのポイント

使い方や形状に合わせて選ぶ

キッチンパネルのプランニングは、素材や色・柄も大切ですが、「どこの範囲まで貼るか」のポイントが大変重要となります。またパネル割り付けの時に出窓の壁部分などを忘れることが無いよう注意が必要です。更に、一部分を横貼りにするという場合は、模様の方向性が無いものを選ぶようにしましょう。



1分間で理解するキッチンパネル


チェック! キッチンパネルのタイプと特徴

タイルについて

タイルは、目地に汚れがしみ込みやすいことや、施工に時間がかかるなどのデメリットがあり、敬遠されがちです。しかしながらタイル独特の風合い、高級感、耐摩耗性、それに自由なレイアウトが可能なことから、根強い人気は維持されています。またキッチンパネルの光の反射が気になるのでマットのタイルを貼るという人もいます。

タイルを用いる場合はコンロの背面だけをステンレスパネルにする方法もあります。そうすることで、油はねなどの汚れ対策になり、またデザイン的にも効果的です。


ワンポイント

キッチンパネルを選ぶ際、カタログのサンプルでは光の反射や手触りなどまでイメージすることが難しいため、ショールームで実物を確認することが望ましいでしょう。

ショールームで確認する際は、キッチン扉やキッチンカウンターの色と合わせることも重要です。キッチン扉の引き立て役になったり、逆にキッチンパネル自体が映えるようなコーディネートをすることもできます。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000