熱や火に強い断熱材 ロックウール

高い断熱性と保温性、耐火性

「ロックウール」は、高炉スラグや玄武岩、その他の天然岩石などを主原料として加工した人造の鉱物繊維で、断熱材などに幅広く使われています。

加工性に優れ、さまざまな形に対応が可能です。湿気に強く、断熱性や保温性、耐火性、さらに吸音性も高い繊維です。ガラス繊維のグラスウールのように密度による商品の違いがないので商品選びがしやすく、耐火温度もグラスウールが600℃~700℃なのに対しロックウールは700℃以上の高温にも耐えられます。

ロックウール工業会によると、木造二階建て100平方メートル(約30坪)の天井・壁に使用するロックウールは約300平方メートル。建築費を2,000万円とした場合の材料費は、約20万円と経済性も高く、1%で済むようです。デメリットとしては、グラスウールと比べて重い点、曲げや引っ張りに弱い点などがあげられます。

「ロックウール」という名前から、アスベスト被害を出した石綿と混同されることがあります。しかし、石綿は天然の繊維で、ロックウールは人造の繊維です。石綿よりも繊維が太いなど、まったく異なるものです。



商品選びのポイント

施工方法をチェック

密度が多種類の中から選択するグラスウールと違い、ロックウールの密度は1種類に統一されています。また、吸水性が少ないことが特徴と言えますが、防湿層をしっかりと施工することが重要になります。



1分間で理解するロックウール


チェック!断熱材の種類と特徴


トレンド

ロックウールの歴史は古く、ヨーロッパでは1880年代から使用されていました。住宅断熱分野でトップシェアとなっています。

日本では1930年代に工業化され、以後、グラスウールと並んで、住宅の断熱材として欠かせない製品となりました。その吸音性も高く評価されており、防音室などの壁にも好んで使われています。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000