美しいキッチンを演出するキッチンカウンター

ステンレスと人工大理石の2タイプ

「キッチンカウンター」は、大きく分けて、ワークトップ(天板)の素材が、「ステンレス」製のものと「人工大理石」製のものとがあります。

ステンレス製は一般的に耐久性が高く、清掃性が良いとの安心感から、多くのキッチンで採用され普及してきました。

しかしながら細かなキズは付きやすく、塩素系に弱い素材の為、サビの発生を招くことがあります。

人工大理石製はカラーバリエーションが豊富で、デザイン性が高いのが特徴です。キズに強く表面がツルツルとした平滑性が特徴です。そのためデザイン性だけでなく、その清掃性からも人気がどんどん高くなり普及してきました。



商品選びのポイント
「清掃性」「耐久性」「デザイン性」

清掃性

キッチンは毎日使うものです。商品を選ぶ際は、掃除のしやすさは非常に重要な要素です。天板とシンクが同じ素材ならば、一体成型のようになり継ぎ目はほとんどありませんが、天板とシンクが異なる材質の場合はつなぎ目部分や凹凸部分にゴミがたまりにくいかどうかチェックしましょう。


耐久性

以前はステレスンカウンターがその耐久性や安心感から人気がありましたが、最近は人工大理石天板の耐久性(熱・キズ)が向上。その安心感からも普及が広がってきました。


デザイン性

オープンキッチンが主流となり、キッチンは、“見せる”空間へと変貌を遂げています。キッチンカウンターも、キッチンの雰囲気とマッチする素材、色を選ぶことが重要です。



キッチンカウンターの素材比較



人工大理石の素材

人工大理石には、「ポリエステル」系と、「アクリル」系の2タイプがあります。

ポリエステル系は、価格が安いのが魅力です。その一方で、ミクロの穴があるため、汚れが染み込みやすいのがデメリットです。

また、アクリル系は、中まで均質なので、汚れが染み込みにくいというメリットがあります。ポリエステル系に比べ、価格は高くなります。

そのほかの素材としては「天然石」「セラミック」「クォーツストーン(ハイブリッド天然石)」があげられます。

天然石は、素材ならではの高級感と独特の美しさが特徴です。デメリットとしては、コストが高い上に、硬いため食器が割れることがあります。

「セラミック」は高い温度で焼成しているため、耐熱性と表面硬度に優れています。

「クォーツストーン」は水晶(クォーツ)を主成分とする天然石で、高級感がありメンテナンス性も高く注目されています。


そのほかの素材は?

キッチンカウンターに使用されるそのほかの素材としては「天然石」「セラミック」「クォーツストーン(ハイブリッド天然石)」があげられます。天然石は、素材ならではの高級感と独特の美しさが特徴です。

デメリットとしては、コストが高い上に、硬いため食器が割れることがあります。「セラミック」は高い温度で焼成しているため、耐熱性と表面硬度に優れています。「クォーツストーン」は水晶(クォーツ)を主成分とする天然石で、高級感がありメンテナンス性も高く注目されています。



トレンド

ステンレスキッチンは、人工大理石のキッチンに比べ、単調になりやすい印象がありますが、近年メタリックな雰囲気を好む顧客も増え、クールでお洒落なキッチンを希望してステンレスを選ぶケースがあります。フレームだけで構成させたプロの厨房のようなタイプの提案も喜ばれています。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000