知っておきたい種類と特徴 トイレの手洗い器

タンクレストイレに必要となるのが独立した手洗い器。種類や設置方法を知り、最適な手洗い器を選ぼう。


トイレの手洗い器 ポイントはこれ!


◆手洗い器の設置方法

手洗い器は、単体で壁付けしたり、カウンターに置いたりするもののほか、収納と一体になって据え置く(または壁付けする)タイプなどがある。


◆収納が必要ならカウンターか収納一体型を

予備のペーパーや小物を置くスペースがほしい場合はカウンター付けを、掃除道具やサニタリー用品などを収納したい場合は収納一体型が便利。


◆狭いトイレにも設置できる

0.4坪のトイレにも設置できるコンパクトなタイプも多くある。壁に埋め込むタイプならトイレ空間を狭めることなく手洗い器を設置できる。


◆干渉に注意して設置する

手洗い器やカウンターがドアの開閉や立ち座りの際に邪魔にならない位置に設置する。



水栓の設置位置

●水栓と手洗い器が別


●水栓一体型



手洗い器の置き方・設置方法

●壁付け


●壁埋め込み


●カウンター置き


●カウンター埋め込み


●カウンター半埋め込み


●カウンター一体型

写真提供/セラトレーディング・TOTO



主な素材

陶器、樹脂、人工大理石、ステンレス、アルミ、ガラス、磁器、ホーローなど



【提案のひと工夫】

森のめぐみ工房(宮城県仙台市)樋口博信さん

タンクレスにはおしゃれな手洗い器を

手洗い器付きの便器からタンクレス便器に交換するときに必ず問題になるのが「手洗い器」です。

せっかくスッキリとしたデザインのタンクレスにするのだから、便器とセットになっている手洗い器ではなく、デザイン性がある手洗い器を提案したいと考えています。そして選んでいただいた手洗い器が映えるように設置する場所を考えます。

たとえば長手方向に入口があるトイレの場合は、入ってすぐのコーナーにカウンターを設け、その上に手洗い器をのせると、扉を開けた瞬間に手洗い器が目に入るので効果的。

手洗い器の設置場所に困るのは、タンクレストイレの正面に入口扉があり、しかも手洗い器を置けるほど室内幅がない場合です。それでもあるお宅では、タンクレスの背面の壁にカウンターをつけてその上に横長の手洗い器を置きました。便器を少し前に出せばカウンターがあっても邪魔にはなりません。小物を飾ることもできて、個性的なトイレ空間になりました。



手洗い器の設置タイプ

手洗い器のみ

手洗い器のみのシンプルタイプ。配管が気になる場合は、配管カバーやタオル掛けが付いているタイプを選ぶとよい。


カウンター付け

カウンターの上に手洗い器を置いたり、埋め込んだりするタイプ。カウンターに予備のペーパーや小物などを置ける。


収納一体

手洗い器と収納が一体になったタイプ。掃除道具やサニタリー用品を収納できる。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000