暮らしを変える収納リフォーム術〜時には人生まで変える収納リフォーム術〜最終回

モノや時間を俯瞰し住まいを整える「ライフオーガナイズ」の手法を活用した収納提案を切り口に、リフォーム会社への業務支援サービスに取り組むアンジェ・リュクス森下純子代表の連載コラムもいよいよ最終回。今回はライフオーガナイズで人生が変わったお客様の話を紹介します。



ライフオーガナイズで人生をリノベーション


インテリアコーディネーターとして20年仕事をしていますが、なんちゃって綺麗好きな私は引き出しの中を開けるとグチャグチャ、仕事の書類も山積みで、案件ファイルも探しづらい…、またお客様の収納のご相談も、ただ棚を作ればいい、そう思っていました。

そんな私もインテリアとライフオーガナイズを武器に起業し、今年で10年目を迎えますが、物量やモノの持ち方を分析して収納を提案したり、片づけの癖から空間を作ると、維持のしやすさに繋がっていくと確信するようになりました。そんな、人に焦点を当てた片づけ術「ライフオーガナイズ」を11回にわたり連載してきましたが、最終回は片づけで人生が変わったお客様の事例をご紹介します。



片づけがきっかけで本まで出版したK様

先日、片づけ作業をきっかけに、趣味を極めたお客様(K様)から、「グラスリッツェン(ガラスの彫刻)の作品集を出版しました!」という嬉しいお知らせが飛び込んできました。

「当時、1階にあるリビング隣の和室は物置状態。自分でも片づけようと努力はしたけど、実家の手伝いやPTA活動などで毎日忙しく、子育ても思春期に入り、何をどうしたらいいのか…。趣味のガラスも、溜まる一方で悩んでいました。森下さんのオーガナイズを受け、家を片づけることで、どういう自分になりたいのかという事を考えたのが、今思えば転機でした。」と語るK様。

片づける時間もなく、スキルもなく、最終的にプロの手を借りるしかないと、お家丸ごとの片づけサービスをお申込みくださいましたが、何年も経ち、空間が維持できていることも嬉しいですし、「片づけがきっかけで、止まっていた時や人生が動き出した。」、「やりたいことに邁進できた!」そんな言葉をもらえるのも、この仕事の醍醐味です。

▲散らかっているとやる気が出ませんよね…

▲片づけたらやりたいことに集中できるように



好きなものに囲まれる暮らしに変化したT様

「マンションに住み始めて20年、子供が大学に入学するきっかけで、リフォームしたいと思っていましたが、次の暮らしのステップへ向けて悩んでいた時に、森下さんのセミナーに参加し、話していくうちにどんどんやりたいことが見えてきて、森下さんなら私の思いをかなえてくれる!と確信し、片づけから、収納、インテリアまでのトータルサポートをお願いしました。」とお話されていたT様。

ライフオーガナイズの片づけ術では、利き脳をチェックし、行動分析をした上で収納プランをしていきます。一般的に左脳タイプは理論的であり、文字情報に強いといわれており、右脳タイプは感覚的であり、色彩感覚に優れているとされています。例えば、理論的な左脳タイプは整然とした空間が好みの傾向があるので、モノを隠してすっきりとさせましょう。一方右脳タイプは、感覚的であるためか、隠すと何がどこに入っているのか忘れてしまう傾向があります。棚板にカゴなどをのせ、見せる収納にした方が使いやすく、戻しやすいため、おすすめです。

T様は理論的な左脳タイプなので、ファイルボックスで隠してすっきりとさせることをご提案。収納の使いやすさを重視して、リビング・ダイニングのリフォームと同時に、ファイルボックスを使いながら、モノの整理を一緒に行ったのでした。

あれから2年以上の月日が経ち、先日取材に行ってきました。T様も同じく、片づけた当時のまま、綺麗な空間を保たれていたのですが、リノベーションがきっかけで何が変化したのかを尋ねてみると、「今回のリノベーションで、モノと向き合い片づけたことで、本当に必要なものはそんなに沢山ないのだなということを実感できました。好きなものだけに囲まれた快適な暮らしを味わったので、家に持ち込むものも厳選するようになったんですよ。また、居心地がよくなり、夫婦の時間も増えました。」と、大満足とのことでした。

▲50代からの暮らしを考えてリフォームを決断

▲リフォームで好きなものに囲まれた暮らしに変化

▲左脳タイプにはファイルボックスで隠す収納を



お客様の暮らしに対する意識を変える片づけ術

理想の空間を維持していくには、お客様の暮らしに対する意識の変化が大切です。新築時には空間が整っているお家も、3年経ち住まいがモノであふれている…そんなお客様を何人も見てきました。リフォーム&リノベーション時こそ、モノと向き合うチャンス!利き脳片づけ®収納術「ライフオーガナイズ」でお客様に暮らしやすさをご提案していきましょう。

1年間お付き合いくださり、ありがとうございました。利き脳片づけ®収納術「右左脳棚®」を強みに取り入れたい会社様、是非弊社までお問い合わせください。




~執筆者プロフィール~

アンジェ・リュクス 森下純子さん

片付け・収納・インテリアのプロ集団「株式会社アンジェ・リュクス」代表。インテリアコーディネーター®として、住宅リフォームに携わり約20年。もっとお客様の心に寄り添った提案を! と8年前に「ライフオーガナイザー®」資格取得。現在は、オーガナイズとリフォームを癒合させたインテリア相談に携わる。ライフオーガナイザー育成のほか、顧客と語り合える「右左脳棚®」を開発し、リフォーム業界の営業支援に力を入れている。住宅監修・研修・講演・コラム執筆など。2015年片づけ大賞法人部門受賞。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000