ママはリフォーム営業Vol.1-2~仕事と育児を両立させる5つの秘訣を紹介! ~

▲桶庄 春日井店(本社・愛知県名古屋市)古庄 香代子さん

新卒で桶庄に入社し13年目に入る。26歳の時に同じ職場のご主人と結婚。2度の産休を経ても尚、リフォーム営業として活躍中だ。7歳と3歳の2人の男の子を子育て中。

今回紹介するのは、7歳と3歳の男の子2人を育てながら、リフォーム営業として活躍する桶庄(本社・愛知県名古屋市)のママさん営業第1号の古庄香代子さん。時短勤務で働きながら、商談・現場管理、そして育児・家事と大忙しの日々を送る古庄さんの奮闘ぶりをお伝えする。

前回のVol.1はこちら


仕事と育児を両立させる5つの秘訣を紹介!

現場管理まで行う古庄さん。職人への指示や段取りが両立の鍵を握っている。


秘訣① 引き渡しのタイミングは必ず午前中に設定

新卒で桶庄に入社し13年目に入る。26歳の時に同じ職場のご主人と結婚。2度の産休を経ても尚、リフォーム営業として活躍中だ。7歳と3歳の2人の男の子を子育て中。 引き渡しの際は、現場の清掃や器具説明、施主への挨拶などがあり何かと慌ただしくなりがち。子供達のお迎え時間が迫った夕方を引き渡しのタイミングに設定しまうと、終わり切らずに後日対応になってしまう事も。そこで古庄さんは、引き渡しのタイミングが午前中や午後の早い時間帯になるように調整。逆算しながら工程を組み、段取りしている。こうした陰ながらの努力で営業活動と現場管理をこなす事が出来ている。




秘訣② 職人とのチームタッグで現場の進行をスムーズに

▲職人さんとのタッグもバッチリ!

「職人さんは聞いていたより仕事量が増える事を嫌がります。LINEで事前に現場の写真を送っておいたり、必要な部材を伝えておき、現場がスムーズに動くように配慮しています。」作業が終わる時間も“これぐらいには終わりますか~?”と露骨に聞くのではなく、何時ごろに終わりそうか分かるタイミングでさり気なく聞くように心掛けている。また職人さんの趣味の釣りの話など仕事以外の話もよくしてコミュニケーションをとっているという。




秘訣③ 忙しい毎日の中でも子供達との時間を大切に

男の子2人はワンパク盛り!学童から保育園からの帰りは、ママ友家族と公園に寄りひと遊びするのが日課。「以前大きいお子さんがいる事務員さんに、公園で遊べるのなんて今しかないよ!と言われてからは、子供たちとの時間も大切にするようにしています」




秘訣④ 子供の就寝時間まで逆算して行動

子供たちは21時までの就寝を徹底。「保育園が学童からの帰宅後は、寝る時間から逆算して夕飯やお風呂を済ませるようにしています。こうすれば就寝時間が極端に遅くなる事もありませんよ」




秘訣⑤ 便利な家電は徹底的に活用

▲実際に古庄さんの自宅で使用している食洗機

掃除や洗濯等の家事は極力便利な家電にお任せ!「我が家は食洗器がないと生きていけませんね。ルンバもあります。洗濯乾燥器はタオルがフワフワになりおすすめです」




もっと知りたい! Q&A

Q 勤務形態を教えて!

A 週5日勤務。基本的に土日休みですが、イベントや商談がある時などは出勤する事があります。9:00~16:00の勤務ですが、繁忙期や現場がある時などは退社が16:30~17:00頃になる事もあります。


Q お子さんが体調不良の時はどうしている?

A どうしても現場に行かなくてはいけない時等休めない時は、車で1時間半の所に住んでいる実家の母に預ける事が多いですね。午前中だけ母に来てもらって出勤し、午後は休んで看病する事がありました。


Q オススメの仕事アイテムはある?

A ユニクロの黒のストレッチジーンズを愛用しています。現場ですぐに汚れてしまうので、洗い替え用に4本持っています。毎日の洋服に悩まなくて済むので時短になりますよ(笑)


Q リフォームの仕事をしていて忘れられない経験はある?

A まるで娘みたいに接してくれるお施主様がいらっしゃいます。そのお施主様とは入社以来から13年のお付き合いで、20回以上はリフォームさせて頂きました。出産した際も子供を連れて挨拶に行きました。


 

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000