リフォーム営業の広場~断熱欠損個所をなくす~

断熱欠損箇所をなくして家を暖かく

ティージー(愛知県豊橋市)

▲あえてライトを天井に埋め込まず、断熱欠損箇所を減らす工夫を

しっかり部屋の窓やドアを閉めているはずなのに、なんだか冷たい空気が入ってくると感じたことはありませんか? 住まいの断熱を考えたとき、意外と見落としがちなのが、ちょっとした場所からの冷気の流入。ドアや窓を閉めていても、家には冷たい空気が入る場所がたくさんあるんです。今回は意外と知らない冷たい空気が入ってくる場所(断熱欠損箇所)についてお話しします。

断熱欠損箇所は、断熱材を壁に入れていても、冷気が入ってくるちょっとした場所をいいます。例えばコンセントやスイッチ、ダウンライトなどがそのような場所にあたります。断熱材を入れていても断熱欠損箇所があると、せっかく家を断熱していても、断熱効果が十分に得らません。

ティージーが取り組んでいる、ハウスINハウスの断熱リフォームは、冷気が入ってくるコンセントやダウンライトなどの熱欠損箇所を、できる限り小さくする工夫をしっかりしています。例えば天井のダウンライト。ハウスINハウスの体感ショールームではダウンライトは天井に埋め込んでいません。これは、天井に開ける穴をできる限り小さくして、断熱欠損箇所を減らすためです。照明器具を天井に埋め込んで、フラットにするのは確かにおしゃれですが、照明器具を設置する分の穴を開ける必要が生じてしまいます。開けた穴が大きければそれだけ冷気が入りやすいということですから、ダウンライトのコードだけを通す穴を開けることで対応しているのです。

見えないところ、目立たないところにもこだわるハウスINハウスの断熱リフォーム。

もっと知りたい! という方は、お気軽にお問い合わせください(^^)/



もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000