『リフォーム営業のひろば』~仕事で印象に残ったことは?~Vol.2

本コーナー『リフォーム営業のひろば』では、リフォーム業界で活躍している全国の営業マンやプランナーの奮闘・活躍ぶりをお伝えします!

お施主様とのエピソード、忘れられない現場、お客様から言われた嬉しい一言など、リフォームの仕事にまつわる思い出を紹介してもらいます。


高齢者の住宅改修

住み慣れた環境を変えるには壁紙1枚でも注意が必要

▲小川バリアフリープラン(茨城県つくば市)小川仙月代表

福祉住環境コーディネーターの資格は高齢者対応のリフォームに関わる際に大変役に立ちます。医療・介護・建築やそれぞれに重なる部分についての最低限の知識をもって現場に臨むことができます。

介護保険住宅改修の際は、特にご利用者様が認知症の場合、症状の程度によってはリフォームの実施に十分な注意が必要になります。初期の認知症と進行した認知症では大きく異なります。おひとりおひとり症状が異なるので、一概に論じることはできませんが、私は「見当識障害(年月日、時間、季節、場所、人物などの状況を正しく認識する能力のこと)」が起きているかどうかを目安の一つにしています。居室やトイレなどご本人が慣れ親しんだ住環境を大きく変える場合、たとえ壁紙であっても注意が必要です。新しい環境になると、ご本人が使えるかどうかが大変難しく、慎重な判断が必要になりますので、ケアマネージャーや理学・作業療法士と綿密な打ち合わせが必須です。


嬉しいリピート受注

6年前のお客様から水廻り+外壁のリフォームの依頼

▲山万(千葉県佐倉市)加納健二店長

6年前に空き巣の被害に遭われたお客様から防犯工事の依頼を受けました。割れてしまったガラスの交換や、再犯防止のため鍵交換も行いました。実はエリア外のお客様だったのですが、被害に遭われたばかりでとても不安な状況の中でのご依頼でしたので、お困りだろうと、なるべく迅速に対応させて頂きました。

6年経った後に、そのお客様からキッチンやお風呂の交換、外壁工事の依頼のご連絡を頂きました。相見積もりもなしです。普段から、工事の大小をあまり意識せず、お客様に誠意を持って対応させて頂いていますが、いざ大きなリフォームしようとなった時に私の事を記憶していて下さった事をとても嬉しく感じました。




もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000