勝手に比較!住宅の設備・建材まとめてみました!~トイレの手すり編

動作をサポートして狭くても安全に

トイレの立ち座りや移動を補助する手すり。使う人の身体状況に合わせて、必要な場所に使いやすい手すりを設置しよう。



身体への負担を減らし安全性もアップ

トイレでは身体の向きを変えたり、座ったり、立ち上がったりとさまざまな動きをする。手すりを設置する際は、どのような動作に不安や不便を感じているか明確にしよう。

たとえば、立ち座りの際は、しっかり握れて上下の動きをサポートするやや細めの手すりを設置するとよい。握力が弱くて手すりを握れない場合は、棚手すりもある。トイレ内の移動や、座っている姿勢の保持には、横手すりを設置する。アームレストや背もたれがあれば、リラックスした姿勢が保てる。座位の前かがみの姿勢がつらい場合は、前方ボードを設置し、上半身を支えるとよい。前傾姿勢が安定すれば腹圧がかけやすく、排泄もしやすくなる。

また、トイレットペーパーのカットや便器の洗浄、手を洗う際には、上半身をひねる動作が必要となるが、身体状況によってはこの動作がつらい場合もある。自動洗浄機能が搭載されたトイレを使ったり、紙巻器や手洗い器を使いやすい位置に設置すれば、身体への負担が軽減される。

安心・安全にトイレを使用するためにも、手すりの位置は、使う人の身長や身体状況に合わせてシミュレーションし、事前に確認しておきたい。



トイレの手すりのポイント

  • 補助したい動作を明確に
  • 身長や身体状況に応じて選ぶ
  • 利用者の使いやすい位置を確認
  • アームレストや背もたれで姿勢を保持



【知っておこう!】手すりの取り付け位置

手すりの設置位置は、求められる役割に合わせて変える必要がある。利用者の身長や身体状況に応じて、適切な位置を検討しよう。

《出入り》

バランスを崩しやすいので、身体をしっかり支える縦手すりを設置。


《移動》

横手すりでトイレ内を楽に安全に移動できる。


《立ち座り・座位の保持》

L型手すりや棚手すりで、立ち座りをサポートし、座位の姿勢を安定させる。

※寸法は標準的な数値です


便座から前方の壁が近い場合

便器の正面に横手すりを設置すると立ち座りが楽に。

画像提供/ TOTO



トイレの手すりいろいろ

《I型・L型》立ち座り/移動/座位の保持をサポート

滑りにくく握りやすい

握り部の裏面は滑りにくくするため凹凸形状に。

▲インテリア・バー(TOTO)


インテリア性も重視

木製やステンレス製のシンプルなフォルムが特長。

▲手すりKS・KM タイプ(LIXIL)


コンパクトで省スペース

手すり設置が難しい場所でも立ち座りをサポート。

▲ハンドグリップ(TOTO)


折りたたんで広く使える

狭いトイレを広く使える便利な折りたたみタイプ。

▲折りたたみ手すり じゃません!とって(田邊金属工業所)


握らない棚手すり

立ち上がり時の手がかりにしたり、ひじをついて使用。

▲木製手すり 棚別体タイプ〔収納付〕(TOTO)


波形でしっかりサポート

垂直部と水平部で身体をしっかり引きつけて支える。

▲クネット天童(クネット)


後付けも簡単

間柱に施工プレートを取り付けるので壁補強が不要。

▲後付棚手すり(LIXIL)


《アームレスト》立ち座り/座位の保持をサポート

楽な姿勢でリラックス

介助や掃除の際は、妨げないようはね上げておける。

▲アームレスト(TOTO)


後付け可能な床固定式

トイレの使用時間が長くても楽な姿勢をキープ。

▲肘掛け手すり〔床付式・背もたれ付〕(LIXIL)


《前方ボード》前傾姿勢/安定した姿勢での排泄をサポート

上半身をしっかり支える

座位が安定し、排泄時の腹圧がかけやすくなる。

▲前方ボード(LIXIL)


大きな面で身体を支える

もたれることで車椅子からの移乗、衣服着脱もスムーズに。

▲前傾姿勢支持テーブル型 手すりFUN レストテーブルα(パナソニック)



リフォマガ2023年11月号掲載

年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000