浴室リフォームの現場調査⑨ 窓を採寸する

採寸でさらに重要な箇所として挙げられるのが窓だ。ポイントを押さえて正確に採寸しよう。


窓のサイズ・位置・奥行きを正確に採寸しよう

窓のサイズ・位置・奥行きを採寸する。位置については、左右の壁から何cmのところにあるのか、天井から何cmのところにあるのかも重要。窓の存在を忘れると、後からシャワーや照明器具、浴槽のフチと重なってしまったりする。


窓加工は現場対応が基本

既存の窓を使う場合、オプションでフリーサイズの窓枠を購入し、窓の大きさや奥行きに合わせて現場でカットして取り付ける。


窓の奥行きもしっかり測ろう

システムバスのオプションの窓枠は基本的に、既存窓の幅×高さ×奥行きに合わせて現場でカットする。
殆どのメーカーが奥行き200ミリから用意しており、300ミリ・400ミリ・メーカーによっては450ミリまで用意がある場合も。大抵は200ミリで対応可能な現場が多いが、中には出窓のように奥行きのある窓もある。奥行きを測っておかないと、いざ工事当日に200ミリ用の窓枠で対応しようとしていた場合、その日に仕上げることはできず、施主に迷惑をかけてしまう。サイズ・位置だけでなく奥行きもしっかり計測しよう。

写真提供:TOTO


浴室窓の採寸の場合、左右のサイズだけでなく、壁からの位置や奥行きなども忘れずにしっかりと現調しよう。


おすすめ記事

浴室の現場調査⑧ システムバスは梁の存在に注意

浴室の現場調査⑦ 在来浴室はタイルの厚みも採寸する

浴室の現場調査⑥ 浴室サイズを採寸する(2)

浴室の現場調査⑤ 浴室サイズを採寸する(1)

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000