浴室の現場調査⑧ システムバスは梁の存在に注意

システムバスは梁の存在に注意

システムバスの点検口から採寸すると下のイラストのように梁にぶつかることがある。現場調査初心者の場合、梁までの寸法=浴室の設置だと勘違いし小さいサイズを選びがちだが、よく見ると梁の下に空間が残っていることが分かる。梁加工すれば、サイズアップが可能な場合がある。


現場で梁カット対応しよう

梁加工は現場加工が基本になる。梁がどのように通っているかどうかは脱衣場の天井を見れば分かることも。 


梁加工すれば浴室のサイズアップも可能な場合があるため、梁の存在に注意して現場調査を行おう。


すすめ記事

浴室の現場調査① 必携7アイテム

浴室の現場調査② 見落としがちなポイント

浴室の現場調査③ 在来浴室とシステムバスの違い

浴室の現場調査④ システムバスのサイズ

浴室の現場調査⑤ 浴室サイズを採寸する(1)

浴室の現場調査⑥ 浴室サイズを採寸する(2)

浴室の現場調査⑦ 在来浴室はタイルの厚みも採寸する

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000