現場のマナー⑤ 【近隣対策】臭い対策

工事中のクレームで多いのは「駐車」「騒音」「におい」

夏場に窓を開ける近隣宅があれば、夏場は塗装工事をすすめない

といった対策も考えられる。

今回は臭い対策について紹介しよう。


ある営業マンは、夏場に塗装工事の依頼を受けた場合には、

「隣接するお宅で夏場に窓を開けて過ごす方はいないか」

施主に聞き、もしもそういうお宅があれば、「塗装の時期を

秋以降にずらしましょう」と提案するそうだ。

このように「塗装のにおい」と「工事音」はともに、施主が

工事中にもっとも気にすることだが、それは自分自身が気になる

というのではなく、“近隣に迷惑をかけないか” という不安からくるもの。

担当者が、“工事中もしっかりと近隣をフォローしますよ” という

態度を見せることで、施主は安心する。


においが発生してしまう塗装作業などは、近隣に、におい等で迷惑を

かけないためにも、夏場の塗装は避ける提案をしたりし、工事中も

近隣対策を考えている態度を見せるなどして、施主に安心してもらおう。

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000