浴室の現場調査② 見落としがちなポイント

浴室リフォームの現場調査において

必要人工や工程を把握する上で必ず確認しておきたいポイントは以下の3つだ。


①作業スペースの有無

搬入する資材を置いておいたり、壁パネルなどを加工したりする場所が必要になる。特にマンションだと共用部での作業や資材を置くことを禁止している場合もあるので、管理組合や管理人との打ち合わせが必要だ


②作業時間

夏場は9~18時頃まで、冬場は9~17時が一般的。マンションは季節を問わず9時~17時までが多く、マンションによっては細かく規約で決まっている場合もあり、よく確認する。商品金額が高かったり、梁加工・窓開口などがあったりする場合は作業時間が長くなる傾向にある。

③搬入経路

設置したい場所に確実に搬入できるか否かを確認するのは当り前のようだが、意外と見落としがち。搬入経路が原因で選べない商品がある。玄関ドア・脱衣場の入り口・浴室の入り口・エレベーターの間口などは忘れずに計測する。

採寸の他にも、こうしたスムーズな工事進行に伴うための

確認を怠らないようにしよう!

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000