既存の屋根の上に施工可能 シングル屋根

施工しやすく、カバー工法にも

「シングル屋根」とは、無機系材料の表面に細かい鉱物質の砂粒を付着させ、着色加工した屋根のことです。材質によって、アスファルトシングルとファイバーグラスシングルがあります。表面には砂利やセラミックの焼付け塗装がしてあります。他の屋根材と比べ「価格の安さ」「メンテナンス性の高さ」「軽さ」「柔軟性」「意匠性」「寒冷地での強さ」が特徴としてあげられます。

素材そのものの安さに加え、塗装が不要な商品もあります。また一般的な陶器瓦が平米40~50kgであるのに対し、シングル材は12kg前後と軽く素材に柔軟性もあるため、既存の屋根の上に施工するカバー工法にも向いています。既存屋根の撤去、廃材処理が不要となるので安価で短工期リフォームが可能です。さらに、焼付け塗装独自の意匠性を持つ上、家の曲面に馴染みやすく、屋根以外の棟や谷部分も同一のシングル材で葺けるので、統一感のある仕上がりになります。素材に吸水性がほとんどないため、凍害がなく、寒冷地に強い点も特徴です。

ただし、リフォーム屋根工事のカバー工法は、既存屋根の上に新しい屋根を載せる二重構造のため、屋根材の中に湿気がたまると結露につながってしまうので、換気が十分にできる施工をしておく必要があります。



商品選びのポイント

断熱材と併用して快適に

遮熱性の高さが商品選びのポイントです。芯材や吹き付ける材料などによって遮熱性は変わってきますので、確認する必要があります。熱を伝えにくい断熱材と併用すると、夏涼しく、冬暖かな住空間となります。



1分間で理解するシングル屋根


チェック! シングル屋根とは?


トレンド

かつてシングル屋根は、建築基準法の関係で防火地域、準防火地域で使用できず採用が難しい屋根材でした。しかし、その問題がクリアされたことによって、屋根リフォームの有力商材となっています。既存の屋根の上に施工することが可能ですし、軽くて加工性も高いので、スレート屋根などのカバー工法にも適しています。



リフォマガ2021年4月号掲載


年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000