床リフォームの基礎知識⑪ 床現調の注意点(3)剥離洗浄で床がよみがえることも

剥離洗浄でフローリングがよみがえることも

キッチンのフローリング床がまだらに真っ黒になり、張り替えや増し張りをしたいという要望が結構多いものだ。
だが、単に油汚れとワックスの塗り重ねで真っ黒になっている場合は、ワックスを剥離洗浄してもう一度ワックスを塗るときれいに蘇ることもよくある。


フローリングの張替時期が10~15年ということで、この機会に床リフォームをするのが一番良いのだが、他の工事との予算の関係で費用をかけられない場合には剥離を試みるのも一案だ。

現調の時に、何が原因で黒くなっているかを確認しよう。ワックスの塗り重ねや油が原因であるのか、または床に水やジュースをこぼしても拭かなかったりしたことが原因で、木が腐り黒く変色しているものかどうか。

さらに、足ふきマットが常に濡れた状態でいるとフローリング自体が傷むこともある。剥離できるかどうか、この判断が他社の差別化になることもあるので、じっくりと調査しよう。


既存の床などは、剥離洗浄&ワックスでよみがえることもある。他の工事との予算の関係で費用をかけられない場合には剥離を試みるのも一案だ。状態が実際はどのようになっているのかじっくりと調査し判断しよう。



おすすめ記事

床リフォームの基礎知識 戸建の床現調①床組みの工法

床リフォームの基礎知識 戸建の床現調②床鳴りの種類

床リフォームの基礎知識 戸建の床現調③床の劣化が起こりやすい場所

床リフォームの基礎知識 戸建の床現調④段差・敷居の有無

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000