《敏腕営業のスケジュール拝見》陽だまり工房(本社・岩手県奥州市)盛岡店 支店長代理 井上佳太さん

教えて! 敏腕営業のスケジュール拝見

年間1億4000万円の肝は分業施主の性格まで細かく引き継ぎ

陽だまり工房(本社・岩手県奥州市)盛岡店 支店長代理 井上佳太さん

東日本大震災時に、大学進学のため関東へ。復興に関われなかった心残りから、地元での就職を希望し陽だまり工房へ新卒入社。

8年目を迎えた今春、盛岡支店の支店長代理に就任し、年間売上1億4000万円のプレイングマネージャーとして活躍。



分業制で現場訪問を減らす

分業制の同社では、進行中の現場監督に一任し、営業の現場訪問を減らしている。現場に必須で行くのは着工時と検査時。現場に自分がいないことによるトラブルを防ぐため、着工前に職人・現場監督・営業の三者顔合わせで入念に引き継ぐ。引き継ぎ資料をまとめて用意し、加えて施主の性格なども一言添えることで、注意点を全員の共通認識にできる。

施主には「何かあった際は自分(営業)に連絡してください」と窓口を明らかにしておくことで、不在でも混乱が起きない。



【井上さんのスケジュール】

商談から帰社の合間に現場立寄り・・・1

打ち合わせは多くても3件/日。なるべく同じ方面のアポイントで固める。商談・打ち合わせから帰社する際に、進行中の現場に顔を出して挨拶する流れが多い。


見積書はトリプルチェック・・・2

見積書は作成後、現場監督→支店長→エリアマネージャー(500万円以上)と提出前確認でミス防止。時間のかかる作業のため、井上さんは遅くとも3日前には完成させる。

ポイント

TODOに見積もり期限を入力し、時間を確保!


次回アポ必須、その場でメモ

商談時に次回アポを取るのは必須。スケジュール管理は手帳と全社共有のサイボウズOffice。商談時は手帳にサッと書き込み、iPadを出す手間のかかるサイボウズは、後から入力と使い分ける。

ポイント

全員の予定が見え、急なトラブルでも同じ方向に向かっている人に対応依頼できる


ショールーム活用で時短

移動時間削減のため、商談には全支店にあるショールームへ来訪を促す。商品の実物を見てもらえるうえ、往訪を減らせて効率的。


2つの会議で数字チェック

■支店会議

週1回/3~4時間程度支店全員・エリアマネージャー

見込みや進捗報告、追客進行の相談。普段の仕事では把握しにくい悩みなども見える。

■支店長会議

週1回/2時間程度全支店長・支店長代理・エリアマネージャー/zoom開催

見込みや目標確認など、数字に関する内容。



リフォマガ2022年8月号掲載

年間購読(毎月15日発行・購読料8,800円)のお申込はコチラ

バックナンバーのご購入はコチラ

リフォマガのご案内はコチラ

リフォマガ

『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌です。 リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報を発信します。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000