天井や壁を照らして楽しむ間接照明

近年は多灯照明が人気だ。多灯照明のプランニングのカギを握るともいえる「間接照明」について考えてみよう


間接照明 ポイントはこれ!


◆間接照明とは、光源が直接目に入らない照明

照明には、シーリングライトなどのメイン器具、ブラケットやスタンドなどのサブ器具がある。それらに加え、間接照明を使うと部屋の雰囲気が変わる。間接照明とは光源が目に入らず、天井や壁に反射した光で部屋を明るくする照明方法だ。


◆天井や壁を効果的に照らすライン照明

間接照明にはライン照明がよく使われる。壁や天井をふかすなどの工事をし、見えないところに設置するため建築化照明とも呼ばれる。光だけが壁や天井を照らす。ダウンライトやスポットライトで、天井や壁を照らす方法もある。欲しい所に光を当てることができ、陰影をつけやすい。


◆光の強さ、ひろがり具合などにより光をデザイン

間接照明の醍醐味は光をデザインすること。明るさや光のひろがり具合は、器具や設置する場所によって異なる。どの器具をどのように配置するのかプランを立てる。



●ライン照明

器具のタイプ、設置場所により光が変わる




間接照明の施工例

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000