部屋、窓に合わせたスタイルで選ぶカーテン

インテリアの主役にもなるカーテン。さまざまな形やデザインの中から、ぴったりなものを見つけよう


カーテン ポイントはこれ!


◆カーテンはひだの取り方によって印象が変わる

ひだが多いとボリュームが出て、ゴージャスまたはエレガントになる。ひだがなくフラットなら、すっきりとした印象に。ひだ倍率が高いほど布を多く使うため価格は割高になる。


◆上下に開くタイプは日差しを調整しやすい

西日など日差しを遮る目的で設置するなら、シェードやロールスクリーンといった、上下に開くタイプがよい。ただし、開け閉めはコードなどを使うため、少し面倒だ。出入りに使うなど、カーテンの開け閉めの頻度が多い窓には不向き。


◆デザイン優先で選びたいが、遮光性、透過性もチェックを

カーテンはデザイン優先でお気に入りのものを選びたい。しかし、プライバシー保護や日差しの調整といった役割も重要だ。遮光性や透過性なども忘れずにチェックしよう。



ひだの山の取り方で変わる「ひだ倍率」

山が多いほど生地を多く使い、ボリュームのある仕上がりになる。


●3つ山ひだ

ひだ倍率2倍

オーダーカーテンの標準仕様。ゆったりとボリュームが出て、カーテンの存在感が増す


●2つ山ひだ

ひだ倍率1.5倍

既製カーテンに多い仕様。厚手の生地にも向いている縫製方法


●1つ山ひだ

ひだ倍率1.5倍

ウェーブが少なく、シンプルなカーテンになる


●フラット

ひだ倍率約1倍

すっきりした印象。カーテンの色柄がそのまま見える


【提案の一工夫】

めいくまん(東京都八王子市)鈴木恵美子取締役

洋服を選ぶようにコーディネート

カーテンは、「幅と長さを採寸してオーダーする」時代から、洋服を選ぶように自由な発想でコーディネートする時代になっていると思います。例えばレースとドレープを逆にしてレースを室内側にするだけでも雰囲気は大分変わります。シェードの種類も多く、ドレープやレースとの組み合わせでさまざまな表情が生まれますまた、生地をつなぎ合わせてお部屋に合ったオリジナルのカーテンを作ることもあります。洋服を作るように自由な組み合わせができるので、楽しいですよ。

▲愛着あるカーテンを新居でも使いたいという要望により、ウィリアムモリスの「いちご泥棒」のカーテン生地をつなぎあわせた



さまざまなカーテンのスタイル

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。リフォーム営業マンに役立つ営業テク、現場調査の方法、商品情報等を発信していきます。 雑誌『リフォマガ』は毎月15日に発行。年間購読料8,800円。(税込・送料込)

0コメント

  • 1000 / 1000