【設備・建材基礎知識】使いやすい工夫がいっぱい洗面台収納

手洗い、洗顔、メイクなど様々な用途で使用する洗面所はモノがたくさん集まる場所。たっぷり収納できて使い勝手のよい洗面台を選ぶには?


使いやすい収納選び ポイントはこれ!

◆広々使える開き扉タイプ

洗面台の収納には開き扉、引き出し、オープンタイプなどがある。開き扉は間口が大きく開くので、バケツなどの大きなものも余裕で収納できる。ただし上部がデッドスペースになりやすいので、棚を置くなどの工夫が必要だ。



◆使い勝手で選ぶなら引き出し収納

デッドスペースが少なく、収納量が多いのは引き出しタイプ。引き出せば中にあるものがひと目でわかり、奥のものも取り出しやすい。設置の際は洗面室のドア枠に引き出しが干渉しないよう注意しよう。



◆小物を効率よく収納できるミラーキャビネット

ミラーキャビネット内のトレイは可動式が便利。収納するものの高さに合わせて位置を調節でき、空間を有効に利用できる。ドライヤーなどをコンセントに挿したまま収納できるものや、濡れたものをしまえる水切り棚が付いたものもある。 



◆ミラー下やサイドも有効活用

ミラー下やサイドはさっと手が届き、使いやすい場所。毎日使うものの収納や仮置きに便利だ。



【収納タイプ】


【提案の一工夫】
アルフレッシュ(三重県津市)松下和人さん

リノベーションで人気はオープン+可動棚

リノベーションでご要望が多いのは造作洗面台です。お客様が選んだ鏡にあわせ見栄えのする水栓器具を取り付け、タイルを貼ったりお客様のお好みの空間に仕上げますが、収納はオープンで可動式の棚をつける造作が多く、おもに着替えやタオル、洗面グッズを収納されています。カウンター下も扉をつけずにオープンにし、お気に入りのカゴなどを利用して小物を収納されているようです。 また最近は、洗面所と別に独立したランドリー室がほしいというご要望も多いです。靴を洗ったりする洗濯専用の流しをつけ、洗濯物を仮干しするパイプを下げたり、使い勝手もよくとても便利だと好評です。


使いやすさにこだわった洗面台収納

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000