【設備・建材基礎知識】色柄のバリエーション豊富な壁紙

壁紙の張り替えは部屋のイメージを一新するリフォームのひとつ。顧客に喜ばれる提案のポイントを押さえておこう。

▲塗り壁調の壁紙 写真提供/サンゲツ


◆問題解決のための壁紙選び

壁紙を張り替えることで顧客が何を期待しているのかを十分にヒアリングして商材を選ぶ。

イメージチェンジをしたいのなら、柄物の壁紙やアクセントウォールの提案もいいだろう。「キズ汚れ」や「臭い」など具体的な悩みがある場合は、機能性クロスの中から最適なものをピックアップしたい。


◆必ずサンプルを取り寄せて検討

カタログだけを頼りに発注するのではなく、サンプルを取り寄せて検討したい。施工予定の壁にサンプルを当てて、照明や日光の当たり具合など、顧客と一緒に確認しよう。

しかし、実際に施工すると、サンプルに比べて、明るく、柄は小さく感じる傾向があるので注意が必要。


◆付加価値提案も忘れずに

壁紙を新しくするとほかの物が古く見える。壁のスイッチなどは同時に交換することを提案したい。窓枠などの木部の古さも目立つ。塗装工事が必要なら、壁紙張り替え後では手間が増えるため、張り替え前に行うよう手配したい。

手すりやカーテンレールなど、壁紙張り替え時にいったん取り外すものは、新しく交換するチャンス。顧客に上手に伝え、付加価値のあるリフォームにしたい。



【選ぶポイント】

安藤嘉助商店(岡山県倉敷市)プランナー主任 岡田奈津美さん

繊維調や塗り壁の色味で雰囲気を演出

クロスを選んでいただくときに心掛けていることはカタログだけで選ぶのではなくサンプルを取り寄せることです。

カタログに貼ってある実物サンプルだけですと、イメージがなかなか湧きにくいと思うので、サンプルはなるべく巾なりを準備し確認していただいています。その大きさのサンプルをリフォームする予定の壁にあてて離れて見てみると、カタログで見るのとイメージが異なることが多いのです。

最近では古民家のリフォームも多く、そういったテイストのお家にクロスを貼る場合は織物調や塗り壁調の質感で、少し生成り寄りの色合いを選ぶと、雰囲気を損なうことなく仕上がります。

オススメのメーカーはサンゲツです。クロスの種類も豊富でカタログも実際の施工写真が多く掲載されていて見やすいです


壁紙の「色」選び方の基本

●建具、床材、巾木などの色とのバランスを考慮する

●広い面積では使いにくい色柄の壁紙はアクセントウォールに


【バリエーション豊富な壁紙】

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000