ママはリフォーム営業~場所に縛られない自由な働き方で仕事も育児も趣味も諦めない!~

育児と営業活動を両立すべく奮闘するパパ・ママたちの姿から勇気をもらおう!


今回紹介するのは、「ゼロリノベ」の屋号で不動産の仲介・リノベーションの設計・施工を手掛ける、グルーブエージェントの岡弘実さん。今年の春に小学3年生と1年生になる2人の娘さんを育てながら、中古リノベを検討する一般ユーザーに対し物件仲介を行う業務に携わる。常時10件以上の案件を抱えつつ、場所や時間に縛られない自由な働き方を実現。仕事も子育ても趣味も充実させている岡さんの仕事ぶりに迫る。


グルーブエージェント(東京都豊島区)

岡 弘実さん

大学卒業後、化粧品会社で販売員の教育に携わる。その後、化学品メーカーに営業職として転職するも2度の産休・育休を経て事務職に移動。自宅のリノベーションを依頼したグルーブエージェントから声を掛けられ同社に営業職として転職した。主に中古リノベを検討しているユーザーに中古物件の仲介を行う。




やりがいを求め3年前に転職

ゼロリノベに転職する以前の会社では、営業職で入社したものの、2度の産休と育休で事務職へ異動。「〝子育てをしていると夜遅くまで仕事が出来ない〞という上司の判断でした」。営業でバリバリと仕事をしたかった岡さんにとって、これは不本意な異動。それでも何年かは時短勤務を活用し事務の仕事をこなしたものの、精神的にはとても辛かったという。

「ゼロリノベ」で中古物件を購入し、自宅をリノベーションした事が転職のきっかけとなった。自由出勤・出社義務なし・勤怠管理なしという自由な社風で業績を伸ばしていた同社。子育ても大変な時だが、仕事のやりがいも大切にしたい岡さんは、転職を決意した。現在は、中古リノベーションを検討している一般ユーザーに条件や要望に合う中古物件の紹介、内見への同行や住宅ローン申請など物件購入のサポートを行う。進捗は様々だが常時10案件以上を同時進行させており、多忙な日々を過ごしている。

毎週火曜日に行われる定例会議の出席義務はあるものの、それ以外は自由出勤。そのため午前中から趣味のテニスを楽しんだり、娘さんが通う小学校で絵本の読み聞かせのボランティアをしたりと時間を自由に使う事が可能だ。また夕方は、子供達を習い事に連れていった先の空いた数時間で仕事をするなど、時間と場所に縛られない働き方を実践している。その代わり、物件の仲介・売買はスピード命の仕事だ。ユーザーが物件購入を決めたら、住宅ローンの事前審査に必要な書類を用意したり、設計チームに工事の図面や見積もりを出してもらったりと各方面と情報をシェアしながら準備に取り掛かる。案件の進捗状況によっては仕事が深夜に及ぶ事も多いという。

「弊社は固定給と歩合制で給与が定められています。沢山の問い合わせを頂いている中で、他のスタッフと仕事の量を調整出来る点も有難いですね。だからこそ、趣味の時間や子供を習い事に通わせられる時間を確保出来るなど理想的に働けています。子供がもう少し大きくなったら、将来的にはもっと働きたいですね」と話す岡さんの表情はイキイキと輝いている。



【仕事と育児を両立させる岡さんの1日を紹介! 】

もっと詳しく情報を知りたい方は雑誌(リフォマガ)の年間定期購読がオススメです。

雑誌では、WEBにはないコンテンツも沢山紹介しています。

詳しくはコチラ

リフォマガ

リフォーム営業マンを応援するビジネスメディアを毎日更新! 『リフォマガ』は、株式会社リフォーム産業新聞社が発行する現場担当者向けの情報誌『リフォームセールスマガジン』が運営する リフォーム営業マンのための情報サイトです。お気に入り登録がおすすめです!

0コメント

  • 1000 / 1000